アライバル・ニュース

2ちゃんねるのニュース速報をたくさんまとめて紹介しているブログだよ。 更新はとにかく多い。

カテゴリ: 値上げ

1 :ばーど ★:2019/04/29(月) 18:18:07.47 ID:QZJnn0ga9

サムネイル 来月1日から「令和」となりますが、食品の値上げの流れは変わらず、5月はペットボトル飲料、食用油などの値段が上がります。

キリンやアサヒ、サントリーなどの飲料各社は、1日の出荷分から、大型ペットボトルの希望小売価格を20円引き上げます。また、日清オイリオは20日から「キャノーラ油」など家庭用食用油22品目を1キログラムあたり20円以上値上げします。

さらに、カルビーは21日から「堅あげポテト」を値上げします。値上げの理由について、各社とも「物流費や原材料費の高騰が続いているため」としていて、「自助努力だけで吸収することはできない」と説明しています。

さらに、6月は即席麺や映画の鑑賞料金などの値上げが予定されていて、令和になっても相次ぐ値上げが家計を直撃することになります。

4/29(月) 17:53
テレビ朝日系(ANN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190429-00000026-ann-bus_all
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190429-00000026-ann-000-thumb.jpg

続きを読む

1 :みんと ★:2019/02/27(水) 18:35:48.60 ID:2MafBtWJ9

サムネイル サンヨー食品は27日、6月1日出荷分から即席麺商品を値上げすると発表した。原材料や包材の高騰に加え、人件費・物流費の上昇もあり価格転嫁を決めた。値上げ幅は希望小売価格ベースで約5〜8%。サッポロ一番みそラーメンの袋麺は税別希望小売価格が105円から111円になる。

日本経済新聞 2019年2月27日 18:01
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41821660X20C19A2XQH000/
https://www.sanyofoods.co.jp/pdf/news_pricerevision_20190227.pdf

続きを読む

1 :みんと ★:2019/01/25(金) 16:07:10.00 ID:x9jZZKri9

サムネイル https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190125002858_comm.jpg
ハーゲンダッツのミニカップ。希望小売価格が272円から295円になる(ハーゲンダッツジャパン提供)

 ハーゲンダッツジャパンは25日、カップ入りなど計4品目の希望小売価格(税抜き)を6月1日出荷分から23〜85円値上げする、と発表した。値上げは2015年3月以来、約4年ぶり。乳製品やバニラ香料など原材料の高騰に加え、人手不足で人件費も膨らんでいるためという。

 ミニカップやクリスピーサンドなど3品目は272円から295円に、大容量のカップ入りは765円から850円になる。カップが6個入った箱入りの商品だけは、いまの880円のまま据え置く。アイスの値上げはロッテや江崎グリコ、森永製菓、森永乳業も3月出荷分からの実施を発表している。(筒井竜平)

朝日新聞デジタル
2019年1月25日15時28分
https://www.asahi.com/articles/ASM1T4HGZM1TULFA00V.html

続きを読む

1 :孤高の旅人 ★:2017/11/30(木) 08:29:24.63 ID:CAP_USER9

サムネイル すき家の牛丼も 値上げ続々…客の反応は?
11月29日(水)

大手牛丼チェーンのすき家は、約2年半ぶりとなる値上げに踏み切りました。値上げの理由は、アメリカ産牛肉やコメの価格高騰と、人出不足による人件費の上昇です。サイズによって値上げ幅が異なり、特盛は50円増の630円。大盛は10円増の480円。人気の並盛は350円と据え置きました。飲食業やサービス業を中心に値上げが相次ぐ中、実際に客足が遠のく例も出ています。代名詞だった全品280円均一のメニューを298円に値上げした鳥貴族では、値上げした10月の客数が前年比7%減少しました。2014年7月の上場以来、最大の減少幅だと言います。このほか、小麦粉やカツオ節、うずらの卵、瓶ビールなど、食卓に並ぶものの値上げも決まっています。このまま消費は冷え込んでしまうのでしょうか。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_145204/

続きを読む

1 :ばーど ★:2017/10/06(金) 10:46:19.45 ID:CAP_USER9

サムネイル  日本経済新聞社は6日、11月から日経新聞の購読料を値上げすると明らかにした。朝刊と夕刊のセット版は現在の月額4509円を391円値上げして4900円とする。過去の消費税増税時を除き、朝夕刊の価格改定は1994年2月以来、約23年ぶり。

 人手不足を背景に、新聞の配達費が上昇して販売網の維持が難しくなってきたため値上げに踏み切る。紙面のカラー化など印刷設備更新の負担も重くなっていた。質の高い紙面を提供する狙いもあるという。

 朝刊のみの全日版は月額3670円から4千円になる。

配信2017/10/6 10:43
共同通信
https://this.kiji.is/288838362205275233?c=39546741839462401

続きを読む

1 :的井 圭一 ★:2017/03/31(金) 08:01:23.80 ID:CAP_USER9

サムネイル http://img.2ch.net/premium/1051729.gif
太陽光など再生可能エネルギーの普及を促す制度の負担金が増えることなどから、大手電力10社は、ことし5月から電気料金を大幅に値上げすることになりました。
これは電力各社が30日に発表したもので、電気の使用量が平均的な家庭の値上げ幅は、前の月に比べて、北海道電力が166円、東北電力が179円、東京電力が192円、
中部電力が179円、北陸電力が153円、関西電力が190円、中国電力が182円、四国電力が169円、九州電力が160円、沖縄電力が213円となっています。

このうち、東京電力では平均的な使用量の家庭で、1か月当たりの電気料金がおよそ6400円から5月には6600円に上がることになります。

これは太陽光などの再生可能エネルギーによる電力を買い取る制度に基づいて、電力会社が買い取り費用を電気料金に上乗せしている負担金が増えるためで、
火力発電所の燃料になるLNG=液化天然ガスの価格が上がっていることも影響しています。

大手電力10社が値上げするのは4か月連続で、平均的な家庭の電気料金の値上げ幅がそろって100円を超えるのは3年ぶりとなります。

一方、大手都市ガス4社もLNG価格の上昇を受けて、そろって5月の料金を値上げします。

平均的な家庭の値上げ幅は、東京ガスが62円、大阪ガスが56円、名古屋市の東邦ガスが57円、福岡市の西部ガスが44円となっています。

大手都市ガス4社の値上げは7か月連続となり、家計の光熱費の負担がさらに増えることになりそうです。

NHKニュース 3月30日 17時13分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170330/k10010930891000.html

続きを読む

このページのトップヘ