アライバル・ニュース

2ちゃんねるのニュース速報をたくさんまとめて紹介しているブログだよ。 更新はとにかく多い。

カテゴリ: 三重

1 :みつを ★:2020/03/15(日) 20:29:31 ID:7qWR7rgZ9

サムネイル https://www.yomiuri.co.jp/national/20200315-OYT1T50153/


特急通過の際、飛び降りか…三重で2人死亡
2020/03/15 20:07

 15日午後4時15分頃、三重県名張市桔梗が丘の近鉄大阪線・桔梗が丘駅で、ホームから線路に転落した2人が、近鉄名古屋発大阪難波行きの特急(6両)にはねられ、死亡した。乗客にけがはなかった。この事故の影響で、名張—東青山駅間の上下線が一時、運転を見合わせた。

 三重県警によると、2人は大阪行きのホームの端に立っており、特急が通過する際、飛び降りたという。県警は目撃情報から2人が自殺を図った可能性が高いとみて、身元などを調べている。

続きを読む

1 :靄々 ★:2020/01/31(金) 09:27:09.90 ID:JiQrG65C9

サムネイル 「認知症で徘徊こらしめるため」 84歳女性を投げ飛ばして大ケガ 介護士の女を逮捕

堤容疑者は容疑を認めているという=正邦苑靜乾(三重テレビ放送)

 三重県伊勢市にある高齢者施設で、利用者の84歳の女性を投げ飛ばし大ケガをさせたとして、この施設に勤める介護士の女が28日に逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、伊勢市村松町の特別養護老人ホーム、正邦苑靜乾に勤務する介護士の堤有香子容疑者(24)です。

 警察によりますと、堤容疑者は26日午前4時半ごろ、ショートステイで施設を利用している伊勢市小俣町の84歳の女性を床に投げ飛ばし、右足の骨を折る大ケガをさせた疑いが持たれています。

 調べに対し、堤容疑者は容疑を認め「女性は認知症で、施設内を徘徊(はいかい)して仕事の邪魔をするのでこらしめようと思ってやった」などと供述しているということです。

※ ソースに動画あります
1/29(水) 12:35配信三重テレビ放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00010006-mietvv-l24

続きを読む

1 :すらいむ ★:2020/01/28(火) 12:23:54 ID:4PxnBuLE9

サムネイル 認知症女性を投げ飛ばす 「徘徊するのでイライラ」

 三重・伊勢市の特別養護老人ホームで、入所する認知症の女性を床に投げ飛ばし、大けがをさせたとして、介護士の女が逮捕された。

 逮捕されたのは、三重・伊勢市の特別養護老人ホーム「正邦苑 静乾」の介護士・堤有香子容疑者(24)。

 警察によると堤容疑者は、当直勤務をしていた26日午前4時半ごろ、施設に入所する認知症の女性(84)を床に投げ飛ばし、右足の骨を折る大けがをさせた疑いが持たれている。

 女性のけがを不審に思った施設側が、館内の防犯カメラを確認したところ、2階のホールで堤容疑者が犯行に及ぶ様子が映っていて、警察に届け出た。

 調べに対し、堤容疑者は容疑を認めたうえで、「女性が認知症で徘徊(はいかい)するので、イライラしてやった」と供述している。

(東海テレビ)

FNN PRIME 2020年1月28日 火曜 午後0:08
https://www.fnn.jp/posts/00431099CX/202001281208_THK_CX

続きを読む

1 :幻の右 ★:2020/01/25(土) 20:19:43.56 ID:iBrIv98r9

サムネイル 先進的な理数教育に取り組むスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている津高校(津市)で、一年生三百二十人の研究成果発表会が二十四日に開かれた。

 昨年十月から関心のあるテーマを自由に設定し、七十グループに分かれて調査を進めてきた。「紙飛行機の滞空時間」「最も保湿力のあるハンドクリームは」「テープ類のきれいなはがし方」など、身近な課題を独自の視点で検討した研究が目立った。この日はポスターセッション形式で、生徒たちが興味のある発表に耳を傾けた。

 杉野優月さん(16)たちのグループは、三重は東日本と西日本のどちらに属するか調べた。学年で実施したアンケートや文化、地質的観点など結果がばらつき、「見方によっていろいろな区分があり、個人の感覚の違いも大きい。鉄道では近鉄が強く、自分は西日本だと思う」と話した。

 生徒の関心を集めていたのが、人気キャラクター「アンパンマン」の顔の重さを推計した水野双葉さん(16)たちの発表。身長のデータから顔の直径を六十六センチと割り出し、実際のあんパンから直径と重さをあてはめて計算した。すると二百四十キロという値になり、「投げようとすると、常人を超えた力が必要になる」と結び、驚きを誘った。

 二年になって以降も探究活動は続け、新たにテーマを設定する人もいれば、深く掘り下げる人もいる。同校教諭は「一年生は失敗してもいい。本当に知りたいことを自由に調べてもらえたら」と話していた。

それぞれのグループで取り組んできた成果を発表する生徒たち=津市の津高で
https://www.chunichi.co.jp/article/mie/20200125/images/PK2020012402100352_size0.jpg

 (本間貴子)
2020年1月25日
https://www.chunichi.co.jp/article/mie/20200125/CK2020012502000050.html

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2020/01/09(Thu) 22:06:14 ID:+xz6w8kM9

サムネイル 自転車の女性に衝突。
ひき逃げの瞬間をカメラが捉えていた。

自転車に乗った白い服の女性が、道路を渡りきろうとしたその時。
画面右から走ってきたバイクと衝突。

自転車が吹き飛び、女性は道路上に倒れ込んでしまった。

しかし、バイクは停車することなくそのまま逃走。

三重・四日市市で8日に発生した、ひき逃げ事件の瞬間を捉えた防犯カメラ映像。

自転車の女性は、交差点を渡ろうとしたところ、右側から来た2人乗りのバイクにはねられた。

警察によると、現場にブレーキの痕はなく、防犯カメラの映像からも、かなりのスピードが出ていたということがうかがえる。

バイクが走り去った現場では、衝突に気づいた通行人が次々と駆け寄り、女性の救護にあたっていた。

はねられたのは72歳の女性で、右足の骨を折る重傷。

警察は、ひき逃げ事件としてバイクの行方を追っている。

1/9(木) 19:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200109-00430078-fnn-soci

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/12/29(日) 11:44:10.90 ID:L/A6/ErB9

サムネイル  院内で医師に体を弄ばれ、拒否しようとしたところ転倒し、片目をほぼ失明したというのだから、許せるはずがない。

少女14人を睡眠薬で昏睡させ陵辱 48歳無職男の手口と正体

 26日、三重県津地検は同県松阪市「まんのう整形外科」の萬濃裕司院長(53)を強制わいせつ致傷罪で在宅起訴した。

 萬濃被告は2015年3月24日、院内の椅子に腰かけていた30代女性の胸を揉み、額にキスをした。女性は拒絶し、触られないよう体を動かした際、椅子から転げ落ち、顔面を強打。片目に全治不能のケガを負い、視力をほぼ失った。女性は病院の患者ではなかった。

 17年11月、萬濃被告は強制わいせつ致傷容疑で三重県警に書類送検されたが、不起訴処分となったため、女性は津検察審査会に審査を申し立て地検が再捜査していた。事件発生から3年半以上が経ち、ようやく起訴となった。

■私大卒に負い目?

 萬濃被告は94年、私立金沢医科大卒。同院のHPなどによると、先代の祖父の意思を継いで医師の道を志し、卒業後は国立三重大医学部付属病院の整形外科に入局、大阪、北海道の各病院に出向後、三重に戻り、県内の市立病院などを経て、09年に現在の医院を開業した。整形外科のほか、リウマチ科、リハビリテーション科がある。

 プロフィル欄では一切、金沢医科大に触れず、職歴は三重大から始まり、さらに<根っからの臨床医で、主に公立病院ばかり勤務し、(中略)台風21号に伴う豪雨災害を経験、防災ヘリによる、患者搬送も経験>などと、記されている。

 地元誌のインタビューでは「祖父の思いを受け継ぎ、体の痛みに悩む人を減らしたい」と語り、<(萬濃被告は)人生をかけて、松阪で骨折や腰痛で悩んでいる人を減らそうと挑戦しています>と紹介されている。記事には<13代目として「まんのう整形外科」を開業した>とあるから、地元では代々、「名士」だったのだろう。親族が過去「校医」として県知事賞を受賞している。被害女性だけでなく、13代続いた「由緒ある家柄」まで傷つけた。

2019年12月29日 9時26分
日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.livedoor.com/article/detail/17595876/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/0/20fca_28_8452d094_7c9a8cce.jpg

関連スレ
【三重】強制わいせつ致傷で医師(53)を在宅起訴、被害女性は片目をほぼ失明
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577361216/

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/12/27(金) 13:54:47.06 ID:Fhtem21p9

サムネイル 三重県・津市でおととい(24日)、帰宅途中の女子中学生が、面識のない男から「パンツ1万円で売ってくれん」と懇願されたとして警察に通報があった。

不審な男が目撃されたのは24日午後5時45分ごろ、津市藤方2341番地付近で、自宅へ向かって歩いていた中学生の女の子の脇に車が停車し、運転していた見知らぬ男から突然、パンツを1万円で売ってほしいなどと声をかけられたとして警察に通報があった。

男の特徴は20〜30代くらいで、メガネをかけていたという。

現場は紀勢本線「阿漕(あこぎ)駅」と、伊勢湾に面した御殿場海岸のあいだに広がる住宅街で、すぐそばには「結城神社」や「津八幡宮」がある。警察はパトロールを強化し、子供には危険を感じたらすぐ逃げるように指導している。

【問い合わせ先】三重県警

2019年12月26日 17時02分
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32552.html
https://www.hazardlab.jp/contents/post_info/3/2/5/32552/mieoji.jpeg

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/12/24(火) 19:18:34.36 ID:EBNMF7v19

サムネイル  実の娘(当時17)と性交したとして監護者性交等罪で起訴された三重県名張市の男(45)の判決が24日、津地裁であった。

 平手一男裁判長は「甚だ非常識で卑劣」として懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。

 判決によると、男は8月20日、自宅で同居する娘と性交した。男は3年ほど前から酒に酔うと性的行為を繰り返しており、妻が眠っている隣で就寝中だった娘と性交をしたのは「大胆で悪質だ」と指摘した。

2019年12月24日 18時31分
朝日新聞デジタル
https://news.livedoor.com/article/detail/17574584/

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/12/09(月) 07:05:06.85 ID:LmBHjKug9

サムネイル 三重県四日市市で8日夜、社員寮で一緒に酒を飲んでいた同僚の首などを包丁で刺して殺そうとしたとして、自称31歳の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは四日市市の自称・配管工、品川勇太容疑者(31)です。

 品川容疑者は8日午後9時45分ごろ、四日市市塩浜の社員寮で、同僚の男性(42)の顔や首など3カ所を包丁で突き刺して殺そうとした疑いが持たれています。

 警察によりますと、品川容疑者は男性の部屋で一緒に酒を飲んでいましたが、争う声を聞いた別の男性が部屋を訪れると、男性が首から血を流し意識が朦朧としていたということです。

 男性は左の頬や首などに軽いケガをしましたが、命に別条はないということです。

 調べに対し、品川容疑者は「酒を飲んでいたら偉そうな態度をしてきたので殺そうと思い、包丁で刺した」と容疑を認めているということです。

12/9(月) 6:33
東海テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00025723-tokaiv-soci

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/11/14(Thu) 20:04:32 ID:9fnfIoy99

サムネイル 三重県桑名市の入浴施設で、入浴中の高校1年の男子生徒の下半身を触ったとして、51歳の会社員の男が14日、逮捕されました。

 逮捕されたのは四日市市の会社員・春日部一行容疑者(51)で、今年9月、桑名市内の入浴施設で高校1年の男子生徒(当時15)の下半身を触った強制わいせつの疑いが持たれています。

 警察によりますと、2人に面識はなく春日部容疑者は湯船で入浴中の男子生徒に近づき、会話をしているうちに犯行に及んだということです。

 男子生徒に「やめてくれ」と言われ、春日部容疑者はそのまま立ち去りましたが、顔を覚えていた男子生徒の証言をもとに、警察が施設の防犯カメラ映像を調べるなどして行方を追っていました。

 調べに対し、春日部容疑者は「衝動が抑えられなくなり触った」と容疑を認めています。

11/14(木) 18:33
東海テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00025332-tokaiv-soci

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/10/21(月) 07:58:58 ID:t/cGQm9P9

サムネイル  逮捕されたのは過去に同じ児童養護施設に入所していた仲間でした。

 三重県桑名市で、20歳の男性が住むアパートの部屋からテレビなどを盗んだとして、16歳の少年ら3人が逮捕されました。

 逮捕されたのは、住所不定・無職の16歳の少年と桑名市の派遣社員で19歳の少年、それにその妻で風俗店従業員の18歳の少女です。

 3人は今年7月、桑名市東野で、無職の男性(20)が住むアパートの部屋から、転売する目的でテレビと掃除機を盗んだ疑いが持たれています。

 警察によりますと、被害に遭った男性は、16歳の少年と少女と過去に同じ児童養護施設に入所していて、少年とは5月まで事件があった部屋で同居していたということです。

 事件当日、男性が代わりのテレビを探すために桑名市内のリサイクルショップを訪れたところ、盗まれたテレビを発見し、警察が店の防犯カメラなどから少年らを特定しました。

 警察の調べに対し、少年2人は容疑を認めていますが、少女は否認しています。

 男性は、事件があった4日前にも、部屋から現金およそ7万円を盗まれていて、警察は関連を調べています。

10/20(日) 19:25
東海テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00024922-tokaiv-soci
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggKv0L6mChn75rf_MKp7UIvA---x400-y300-q90-exp3h-pril/amd/20191020-00024922-tokaiv-000-thumb.jpg

続きを読む

1 :靄々 ★:2019/10/19(Sat) 08:23:36 ID:OifThn019

サムネイル 刀剣「村正」特別公開へ 「正重」も 三重・春日神社

 第二次世界大戦中に漆が塗布され、太刀の全容が分からなかった桑名宗社(春日神社)=三重県桑名市本町=の神宝「村正」(県有形文化財)が漆を剥いだ刀本来の姿によみがえり、20日から3日間、特別公開される。

 不破義人宮司によると、戦時中に神職だった祖父の故義幹さんが戦災から神宝を守るため、刀にサビ止め用の漆を塗って、当時の宮司宅に疎開させた。神社は焼けたが、刀は難を逃れ、漆が塗られた状態のまま、今日まで保存されてきた。

 刀は桑名の刀工、村正が室町時代の天文12(1543)年に制作。2口あり、共に工芸技術や文化史の面から価値が高いとして2016年に県有形文化財に指定された。

 桑名市博物館で開催された刀剣の展示会で神宝を見た人から、「今は平和な時代。本来の刀の姿に戻してはどうか」と提案され、令和の節目となる「即位礼正殿の儀」に合わせ、漆を剥いで公開することにした。

 研師(とぎし)の手でよみがえった村正は、派手な刃紋が浮かび上がり、市博物館の杉本竜館長は「村正の特徴がよく出ている。最上の出来ではないか」と評価する。不破宮司は「特別公開で桑名の刀匠、村正を広く発信するとともに今後も神宝を大切に守っていきたい」と話す。

 公開場所は春日神社会館で午前9時から午後4時まで。入館無料。他にいずれも神宝の漆塗りの「村正」、村正の後継者「正重」の刀剣2口を展示する。【松本宣良】

特別公開される桑名宗社の神宝「村正」=2019年10月16日午前10時28分、松本宣良撮影
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/10/17/20191017k0000m040113000p/0c8.jpg

毎日新聞2019年10月17日 12時11分
https://mainichi.jp/articles/20191017/k00/00m/040/114000c

続きを読む

このページのトップヘ