アライバル・ニュース

2ちゃんねるのニュース速報をたくさんまとめて紹介しているブログだよ。 更新はとにかく多い。

カテゴリ: 京都

1 :靄々 ★:2020/04/07(火) 01:16:28 ID:mKTjROkS9

サムネイル 京都商議所名誉会頭、立石氏が感染 新型コロナ

 京都商工会議所は6日、名誉会頭の立石義雄氏(80)=オムロン名誉顧問=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 京商と京都市によると、立石氏は1日にけん怠感を訴えて2日に発熱。5日に受診した医療機関で肺炎像が確認されたため入院した。感染ルートは不明という。

 立石氏は3月末、13年間務めた京商会頭を退任したばかり。京商は所内で濃厚接触者は確認されなかったといい、「今後、京都市保健福祉局と連携し、消毒作業や職員の健康観察と経過報告に取り組みたい」とコメントしている。

立石義雄氏
https://kyoto-np.ismcdn.jp/mwimgs/6/1/600m/img_617dfc97d195e4e900de0b9d279da570537464.jpg

2020年4月6日 23:01 京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/211642

続きを読む

1 :1号 ★:2020/04/05(日) 00:39:39 ID:JLoINgkA9

サムネイル コンビニで「僕はSARSです」告げ店内消毒させる 業務妨害疑いで59歳無職男を逮捕

 感染症にかかっているとコンビニ店員に告げて、店内を消毒させたとして、京都府警城陽署は4日、偽計業務妨害の疑いで京都府城陽市、無職の男(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は4日午後1時半ごろ、城陽市内のコンビニエンスストアでレジ勤務をしていた女性従業員(50)に、「僕はSARS(重症急性呼吸器症候群)ですので消毒してください」「うつりますから」などと暗に感染症にかかっていると告げ、店内のレジや陳列棚などを消毒させて、業務を妨害した疑い。

 同署によると、同店は消毒を行うために約2時間半、閉店したという。男は「SARSとは言っていない」と否認しているという。

2020年4月5日 0:19
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/210883

続きを読む

1 :かばほ〜るφ ★:2020/02/19(水) 14:26:38 ID:DycMzNs79

サムネイル 「無理やり襲ってください」SNSで女子高校生になりすまし…男性に襲わせた疑い 26歳男を逮捕
02/19 13:47

SNSで女子高校生になりすまして「無理やり襲ってください」などと書き込み、
男性に女子高校生を襲わせた疑いで、26歳の男が逮捕されました。

強制性交未遂の疑いで逮捕されたのは、京都市の会社員・奥瀬智成容疑者(26)です。

警察によりますと、奥瀬容疑者は知人の女子高校生(当時17歳)を面識のない男性に襲わせようと考え、
SNSで女子高校生になりすまして「レイプしてください。無理やり襲ってください」などと書き込みました。

そして、2018年10月と11月の2回にわたって、SNSの書き込みを信じ込んだ男性(当時34歳)に
路上などで女子高校生を襲わせた疑いが持たれています。

女子高校生が抵抗したため、犯行は未遂に終わったということです。

カンテレNEWS
https://www.ktv.jp/news/articles/690020aeb4324dafad790e50741c431f.html

続きを読む

1 :かばほ〜るφ ★:2020/02/15(土) 13:11:40 ID:Du8qpKZY9

サムネイル 嵐山「スイてます」新型肺炎で激減、逆手に誘客キャンペーン「本来の姿味わって」
2020年2月15日 10:30

「スイてます嵐山」—。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で観光客が激減している
京都市右京区・嵐山周辺の商店主らが、閑散ぶりを逆手にとった誘客キャンペーンを14日から始めた。
渡月橋などの観光スポットは、ここ数年訪日客でごった返し、旅慣れた京都ファンから敬遠されるほどだった。
商店主らは「今なら、本来の嵐山の姿を味わってもらえる」と呼び掛けている。
 
「#竹林#嵐山#人いない」「人間よりサルの方が多いとか、久しぶり。」
こんな自虐的なキャッチフレーズが「竹林の小径(こみち)」や
「嵐山モンキーパークいわたやま」の写真に添えられたポスターが店頭を飾った。
「今こそ!おこしやす」の文言も踊る。
 
企画したのは、嵐山の5商店街でつくる嵯峨嵐山おもてなし協議会。
中国政府が団体客の渡航禁止を決めた先月27日以降、中国からの観光客だけでなく、欧米人や日本人の客も激減した。
団体客を受け入れている飲食店では売り上げが半減し、「融資を検討するほど深刻」と嘆く。
 
協議会は、桜のシーズンや東京五輪を控える中で、影響が長引くことを懸念。
各店舗で手洗いやうがい、アルコール消毒などウイルス対策を徹底した上で、誘客キャンペーンを始めることにした。
 
渡月橋や保津川下りも「スイてます」とPRする4種類のポスター計300枚を制作。
地元商店街のほか大阪市北区の阪急大阪梅田駅などにも掲示する。
さらに会員制交流サイト(SNS)でも発信していく予定。一部店舗は買い物客に対して景品も用意する。
 
会員からは不謹慎ではとの意見もあったが、危機を乗り切るため決断した。
協議会の吉田憲司会長は「山紫水明の風景をゆったりと楽しんでもらうため、いつも以上のおもてなしの心で迎えたい」と話した。

京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/160656
「スイてます嵐山」と呼びかけるポスターを設置する商店主(京都市右京区)
https://kyoto-np.ismcdn.jp/mwimgs/c/0/600m/img_c0183642c00f17d26b0dc871e326c1bc567175.jpg

続きを読む

1 :みつを ★:2020/02/13(Thu) 22:53:22 ID:ekzSQx9l9

サムネイル https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012284441000.html

新型ウイルス治療の医師「患者の抵抗力で治るのを待った」
2020年2月13日 21時10分


京都市で新型コロナウイルスへの感染が確認された2人の治療を担当した医師がNHKの単独インタビューに応じ、「治療薬がないので、静養して栄養をとってもらい、患者自身の抵抗力で治るのを待った」と振り返りました。

京都市立病院感染症内科部長の清水恒広医師は京都市で新型コロナウイルスへの感染が確認され入院した中国・武漢に帰省していた20代の中国人留学生の女性と京都市内の販売店で観光客の接客をしていた20代の中国人男性の治療を担当しました。

2人の容体が回復し、今週までに退院したのを受け、清水医師がNHKの単独インタビューに応じました。

この中で清水医師は2人の症状について、「最初は熱が出て体がだるく、そのうちせきが出てくる症状だった。これが数日ですむなら、かぜかなと思うが、それが5日から1週間、続いた」と振り返りました。

また治療について、直接効果がある薬がないため、「基本的にはゆっくり静養してもらって栄養をとってもらい、患者自身の抵抗力で治るのを待った」と話しました。

さらに治療の際の対応について清水医師は「キャップ、アイガード、マスクなどを付けて、診察や検体の採取にあたった。特に防護服を脱ぐ際はウイルスが手に付かないよう、いちばん気を使った」と述べ、細心の注意を払ったと振り返りました。

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/02/13(Thu) 15:41:06 ID:ee4gPrzK9

サムネイル 「誠に残念ながらこの地での商売は不向きと判断致しました」。2019年12月、京都市の人気ステーキ丼店が、そんな文面の張り紙を残し、街中から郊外へと移転した。市の駐輪取り締まりが厳しく、来店客の自転車をたびたび撤去されたことが理由という。路上駐輪は持ち主の責任としつつ、「市のインフラ整備にも問題はあるかと思われます」と不満がつづられていた。京都市の駐輪対策は放置自転車の台数をピークの1%以下に減らすほど効果を上げているが、負の影響もあるのかもしれない。店主に詳しい話を聞いた。

【写真】ステーキ丼店が営業していた店舗前の歩道
https://public.potaufeu.asahi.com/b8f4-p/picture/20033596/e2cda015efe2eff699fe0069833a08b1_640px.jpg

 京都市左京区の叡山電鉄・元田中駅近くに店を構えていた、その名も「すてーき丼屋」。国産牛のステーキを載せた丼が手ごろな値段で食べられるうえ、京都大の吉田キャンパスに近い好立地も手伝い、学生らでにぎわっていた。

 男性店主(51)は「2014年7月に開業してから3年ほどは、右肩上がりで売り上げが伸びていました」と振り返る。

 状況が一変したのは2018年。「そのころから、放置自転車の撤去が急に厳しくなりました」。賃借している建物の前に駐輪できるスペースがあまりないため、利用客の多くは歩道上に自転車を止めていた。それを市から委託を受けた業者が次々に撤去し、トラックで一時預かり所に運び去っていったという。

 「撤去作業のトラックが1日に何度も店の近くに来るんです。来店して食事中の客の自転車が半年で40〜50台は持ち去られたと思う。京都観光に来たタイ人の女性グループがレンタサイクルを持って行かれ、泣きついてきたこともありました」

■来店客が半減

 自転車がすぐに持って行かれるとなると、客もおちおち食事を楽しんでいられない。当然ながら客足に響いた。「ピークで1日120人くらいだった来店客は、半減しました」

 店主も手をこまねいていたわけではない。店の近くには臨時駐輪場がないため、駐輪場所を自前で確保しようと近隣の月極駐車場に問い合わせた。「だけど、自転車が倒れたときに契約者の車が傷ついてしまうからと断られた」

 格安メニューを設けるなど営業努力も重ねたものの、売り上げ減に歯止めがかからず、とうとう2019年12月22日に閉店。約6キロ離れた左京区静市市原町に移転した。

 店主は、市の条例で禁じられている歩道上の駐輪は良くないとしながらも、「そもそも駐輪場や路線バスといったインフラを十分に整備していないのはどうなのか。店が面している東大路通で撤去作業が多いのも納得いかない。京大生を狙い撃ちにしているのでは」と、市のやり方に疑問を投げ掛ける。

 放置自転車対策による影響を受けているのは、このステーキ丼店だけではない。

 東大路通の向かいで営業するうどん店も、駐輪の取り締まりで客足が大きく減ったという。店主の男性(61)は「2018年に駐輪の取り締まりが厳しくなり、学生の自転車が根こそぎ持って行かれた。一度離れた客は戻ってこない」と嘆き、「駐輪場を十分に設けず、厳しく取り締まるのはひどくないか。それに元田中駅周辺の撤去回数は、ほかの場所に比べて多いと思う。市内を均等に取り締まらないのは不公平ではないか」と憤る。

■「京大周辺は巡回多く」

 京都市自動車政策推進室によると、放置自転車撤去の委託先は、18年度から現在の業者になった。ステーキ丼店とうどん店が「取り締まりが厳しくなった」と訴えている時期と合致する。

 また、自転車撤去の巡回スケジュールは市の指示に基づいて行われており、頻度も地域によって変えているという。ステーキ丼店があった地域を含む京大周辺は「巡回を多くしている」(同室)と認める。

 それでは駐輪場はどうか。市は放置自転車の撤去を強化する一方、駐輪場の整備にも力を注いできた。直営の増設に加え、民間事業者に資金を助成するなどして、過去10年間に駐輪場を2倍以上の234カ所に増やしたが、「場所によっては駐輪場が十分にないところもある」(同室)。元田中は、周辺にまとまった台数を止められる駐輪場はなく、最寄りの「百万遍まちかど駐輪場」は600メートル離れている。しかも同駐輪場は67台しか収容できず、日中は満杯だという。

以下ソース先で
2/13(木) 15:31 まいどなニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-11003342-maidonans-life%E3%81%A7%E3%81%99
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200213-11003342-maidonans-000-view.jpg

続きを読む

1 :シャチ ★ :2020/02/05(水) 02:02:53 ID:DJxuihg/9

サムネイル 去年9月、京都市内のクラブで店の関係者の男性の頭や顔面を殴るなどの暴行を加えたとして、大阪市内を中心に活動する半グレ集団のリーダーら8人が逮捕されました。

 傷害や暴行などの疑いで逮捕されたのは半グレ集団「モロッコ」のリーダー梶諒容疑者(21)ら8人です。警察によりますと梶容疑者らは去年9月、京都市中京区のクラブで女性客に声かけた際に店の関係者の男性3人に制止されたことに激高し、「俺の名前聞いたら後戻りできひんぞ」などと脅したほか、30歳の男性の頭や顔面などを殴るなどの暴行を加えて急性硬膜外血腫や脳挫傷などの重傷を負わせた疑いがもたれています。男性は一時、意識不明の重体だったということです。警察の取り調べに対し梶容疑者は黙秘していて、他の7人のうち一部は容疑を否認しています。

MBSニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00031453-mbsnewsv-l26

続きを読む

1 :靄々 ★:2020/01/12(日) 23:43:35 ID:s2x3DshW9

サムネイル 江戸最後の将軍も訪れた! 旧旅籠「富永屋」来週にも解体へ 維持費かさみ所有者決断

 西国街道沿いに江戸時代から残る旧旅籠(はたご)「富永屋」(京都府向日市寺戸町)の解体工事が、来週にも始まることが、関係者への取材で分かった。保存を願う市民の声を受けて、所有者は存続策を検討してきたが、市に購入の意思がないことから決断。乙訓地域の文化遺産が姿を消す。

 富永屋は、1616年に現在の場所にあった。測量家・伊能忠敬や江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜も訪れていた。町家の遺構を残す現在の建物は1735年の棟札が残る。富永屋を所有する須田茂徳さん(73)は老朽化に伴う多額の維持費などから、昨春に取り壊す方針を決定。公的支援を市に働きかける署名活動など、市民から存続を求める声が上がっており、検討を続けていた。
 関係者が仲介役となり、須田さんは昨年12月に市の担当者と話し合いを行った。将来的な買い取りの可能性について確認したが、市は「公有化する財源はなく、購入はできない」とした従来の方針を維持。存続への長期的な方策が見いだせないため解体工事を始めることを決めた。
 富永屋は、2008年にも解体方針が決まったが保存を求める声を受けて計画が中止になっていた。須田さんは「この10年間で状況は変わらなかった。民間企業からの買い取りの申し出もなく、修繕費を募っても今後存続できる保証はないと思った」と話した。

西国街道沿いに立つ富永屋。来週にも解体工事が始まることになった(向日市寺戸町)
https://kyoto-np.ismcdn.jp/mwimgs/4/f/600m/img_4f8b31d7b1265ab366fcef2bc4c69afa2019080.jpg

2020年1月12日 18:25 京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/120981

続きを読む

1 :靄々 ★:2020/01/06(月) 22:21:11.34 ID:Fj/uncok9

サムネイル 女子高生がサメバーガーを開発し水産庁長官賞 敬遠されていた食材、臭いを解消

 海洋高(京都府宮津市上司)食品経済コース3年の原美咲さん(17)が低利用魚のホシザメを使った「シャークハンバーガー」で本年度の「シーフード料理コンクール」の「プロを目指す学生部門」で水産庁長官賞を受賞した。最優秀賞に次ぐ賞で、低利用資源を有効活用した点などが評価された。

 同コンクールは魚介藻料理のPRなどを目的に全国漁業協同組合連合会が主催する。2部門あり、学生部門には全国から1498作品の応募があった。
 同高は独特の臭いによって敬遠されているサメの普及にかねてから取り組んでおり、原さんは教諭に勧められてハンバーガーを出品。同級生たちと考えたレシピを基に、ホシザメの臭みを抑えるためレモン果汁を加えるなど改良した。書類選考を通過し、昨年12月7日に東京都内であった実技審査で、ホシザメ1匹を持参してさばいたという。
 パンに同市由良地区で栽培されているオリーブの葉を練り込み、具材のハンバーグに同高の実習船で捕獲したホシザメと栗田湾で取れたトビウオを使うなど地元食材を生かした。あっさりとしたハンバーグとオリーブの実を使ったソースが合うという。
 原さんは「水産業に貢献することが大切だと思っているので、賞をもらえたことは大きい。サメを食べる文化が広がってほしい」と話した。2月22日に同高で行うレストラン(午後2時半〜3時半)で販売する。

「シャークハンバーガー」の材料となった「ホシザメ」を持つ原さん(宮津市上司・海洋高)
https://kyoto-np.ismcdn.jp/mwimgs/8/2/600m/img_8283c32b461d2b5756bf21daa6b3537a3226580.jpg

2020年1月6日 20:00 京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/111049

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2019/12/25(水) 22:03:13.41 ID:t0EhlQ+09

サムネイル 解体工事に向け、防音シートで覆われた京都アニメーション第1スタジオ=京都市伏見区で2019年12月25日午後5時11分、国本ようこ撮影
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/12/25/20191225k0000m040266000p/0c8.jpg

京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオが放火されて36人が死亡、33人が負傷した事件で、地元町内会は現場建物の解体後、不特定多数が訪れるような慰霊碑や公園を整備しないよう求める要望書を同社に提出した。要望書は23日付で、跡地利用の協議への参加も求めた。

 遺族の一部やファンの間には追悼できる場にして…

12月25日 20時59分 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20191225/k00/00m/040/257000c

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/12/24(火) 19:33:20 ID:EBNMF7v19

サムネイル  京都市の国道でUターンしようとした車がバイクと衝突し、バイクの男性が死亡しました。カーナビが逆方向を示したため、突然、Uターンしたということです。

 24日午前0時すぎ、京都市山科区の国道1号で車がUターンしようとして隣の車線を走っていたバイクと衝突しました。バイクを運転していた廣山勝一さん(53)が頭を強く打ち、5時間後に死亡が確認されました。車を運転していたペルー人の男性(29)は、友人2人を乗せて京都観光に向かうところでした。現場付近はUターンが禁止されていますが、行き先を設定していたカーナビが逆方向を示したため、突然、Uターンしようとして事故になったということです。

2019年12月24日 17時14分
テレ朝news
https://news.livedoor.com/article/detail/17574072/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/1/6145f_1641_af8ee575_148da583.jpg

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2019/12/23(月) 20:15:44.66 ID:9ufyC+zo9

サムネイル 京都地検は23日、強制性交の疑いで逮捕された京都市西京区の男子大学生(20)を不起訴処分とした。地検は、理由を明らかにしていない。


 男子大学生は、11月16日午後5時45分ごろ、南区のショッピングモールの室内遊園地で遊んでいた女児(5)を近くの倉庫に連れて行き、わいせつな行為をしたとして、今月5日に逮捕されていた。

12/23(月) 19:24配信
京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00204871-kyt-l26

続きを読む

このページのトップヘ