アライバル・ニュース

2ちゃんねるのニュース速報をたくさんまとめて紹介しているブログだよ。 更新はとにかく多い。

カテゴリ: 話題

1 :影のたけし軍団 ★:2020/07/11(土) 12:38:50 ID:c++xy49z9

サムネイル 新型コロナウイルス対策のため各地で学校が休校になった3〜5月、
NPO法人が運営する妊娠相談窓口「にんしんSOS東京」に10代から寄せられた相談件数が前年の1・8倍に増えたことが判明した。

正しい避妊方法を取っていたとみられる人の割合が激減しており、年度末に行われることが多い性教育の授業がなかったことも影響したとみられる。
動画配信を通して性に関する知識を伝える取り組みも始まっている。

相談窓口はNPO法人「ピッコラーレ」(東京都豊島区)が運営し、
助産師や社会福祉士などの専門職が電話やメールで相談に応じている。

今年3〜5月、10代の相談者は213人で、前年同時期の1・8倍。
相談の大半は「妊娠したかもしれない」といった不安という。

ただ、性行為をした人のうち、コンドームを挿入前から装着するなど正しい避妊方法を取っていた人は、
前年同時期の51%から32%に激減。

検査薬などで妊娠判定が出ていた相談者も36人いたという。
https://mainichi.jp/articles/20200711/dde/007/040/021000c

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2020/07/10(金) 16:07:31 ID:Dx5Mw+PM9

サムネイル 2020年7月9日、人民日報は、カザフスタンで原因不明の肺炎が発生し、中国人を含む多くの死者が出ていると報じた。

記事によると、カザフスタンにある中国大使館が「6月中旬以降、カザフスタンのアティラウ州、アクティウビンスク州、
シムケント市で肺炎の発病率が高まっており、現時点で500人近くが感染し、30人余りが重症である」との情報を発表した。

同国では今年上半期に肺炎で1772人が、6月だけで628人が死亡しており、死者には中国人も含まれているとのこと。
また、致死率が新型コロナウイルスよりもはるかに高いとしている。

そして、現地の衛生当局がこの肺炎を引き起こすウイルスについて研究を進めているものの、
現時点で特定ができていないとし、同大使館が現地滞在中の中国人に注意を呼び掛けていることを伝えた。
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_819967/

「新型コロナより深刻な肺炎、カザフで流行」と中国が報道
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-kazakhstan-pneumonia-idJPKBN24B0NU

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2020/07/05(日) 09:52:16 ID:w2tjZDC69

サムネイル 『下流社会』の著者で消費社会研究家の三浦展氏が、ますます進む日本の下流化に警告を発している。

コロナ禍で格差が可視化されるなか、今や日本では「中流以上」と「中流未満」への二極化が進み、
しかも二つの間に深い「溝」ができつつあるというのだ。最新の格差論を三浦氏に聞こう。

三浦氏は、このほど上梓した『コロナが加速する格差消費』(朝日新書)の中で、新しい格差論とそれに基づく分析結果を論じている。

同書は、三菱総合研究所が毎年行っている3万人を対象にした大規模調査「生活者市場予測システム」の最新の結果をもとに、
世代ごとに階層意識や消費意識を探るものだが、格差論でいえば同書での「公務員」という職業に対する分析が興味深い。

どの世代でも男性は7割以上、女性は7割弱から8割強が「中の中」以上と答えている。
特に1973〜84年生まれの「氷河期世代」で夫婦ともに公務員である人は89%と9割近い人が「中の中」以上と答えたという。

今や日本では公務員が上流なのだ。

「つぶれなくて利益やコストという観念もない、相対的に高収入で退職金も年金も高い、これだと、そうなっちゃいます。最盛期のJALみたいなものです」(同)

公務員と真逆の結果が出たのが同世代の非正規雇用の人々だ。この世代は就職氷河期をくぐってきているが、男性の非正規は「中の下」と「下」の合計が75%を占めた。

「公務員を最近『上級国民』と呼ぶ傾向がありますが、氷河期世代の階層意識を見ると、対する非正規雇用の人たちは長期間続いた不況の中で、
まるで『下級国民』のように扱われ続けたと見ることができます」(同)

二極化の結果は人々の消費行動にも表れる。

例えば自動車。三浦氏がよく使う言葉に「いつかはクラウン」がある。かつては階層アップと共にカローラから最後のクラウンまで乗る車もグレードアップした。
それを表すトヨタ自動車の有名なキャッチフレーズだ。

「それが今では、明らかに上と下に分かれています。2千万円以上の外国車がどんどん売れる一方、数が出るのは軽自動車やリッターカーばかりです」(同)

下方向へのレベルダウンからか、中流でも「消費は下流化」が当たり前になってしまった。
「誰でも大手衣料チェーンの服を着る時代ですし、作業服販売の新興企業が高成長を続けているのも同じ文脈です。
以前は『中の中』の人は『中の上』的な消費をめざしたものですが、そういう上昇志向はなくなり、階層は『中の中』で十分、消費は『中の下』でOKなのです」(同)

どうやら日本の下流化は止まらなそうに見えるが、三浦氏は格差に歯止めをかける一つの手段として大学教育をオンライン化せよと訴える。

「コロナ禍で一部の学生が大学を退学しようとする動きがあることが報じられましたが、絶対に大学を辞めてはいけません。
今回の調査結果でも出たことですが、若い人ほど大学を卒業するかしないかが将来、『下流』になるかならないかの大きな条件になっているからです。
あらゆる伝手をたどってお金を工面し、学生生活を続けてください」

こうした学生を出さないようにするのがオンライン大学の狙いという。

全国どこでもいつでも講義を受けられるようになれば、地方の学生は東京などの大都市に行く必要はなくなる。つまり、学費以外の費用はかからなくなる。
「東京の学校に行きたいが東京で暮らす経済力がない子どもたちを進学させられるのです」(同)

格差解消という大きな目標への着実なステップになるというのだ。
https://diamond.jp/articles/-/241850

国家公務員に夏のボーナス 平均支給額は8年連続の増加 ★6
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593541274/

続きを読む

1 :あしだまな ★:2020/06/30(火) 05:23:29.28 ID:/I/pQ26n9

サムネイル 近年は中国でもペットを飼う人が増えていて、犬が人気を集めている。なかには秋田犬や柴犬などの日本犬を飼う人もいるようだ。
日本では「ネコノミクス」という言葉が登場したように、近年は飼育しやすい猫に人気が集まっているが、中国では猫は日本ほど人気ではないという。
日本以外ではロシアなども猫が人気の国だが、中国メディアの捜狐はこのほど、日本人は「非常に猫好きだ」と主張する記事を掲載し、その理由について分析している。

記事はまず、日本人が猫好きになったのは「何も最近になってからではない」とし、
猫の視点で人間模様がユーモラスに描かれている、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」などの存在からも、日本人がずっと前から猫に関心を寄せてきたことが分かると主張した。

また、「猫の額」、「猫の手を借りたい」、「猫は虎の心を知らず」、「猫に鰹節」など、日本には猫が登場する言葉も数多く存在するほか、
2月22日はニャンニャンニャンで猫の日とされていることなどを紹介。猫という動物は日本人の生活に密着した存在であることが良く分かるとしつつ、
「日本人がこれほどまでに猫が好きなのはなぜだろうか」と疑問を提起した。

理由として記事は、猫を見たり撫でたりすると誰もが癒されるが、「日本人は日常生活で大きなストレスにさらされているため」ではないかと考察したほか、
「他人に迷惑を掛けたくない」という日本人特有の感情により自分を制御しながら生活を送っているため、「自由気ままな猫に魅力を感じ、同時に癒されているのではないか」と分析した。


中国でも多くの人がペットを飼育するようになっていて、ペットビジネスも拡大している。
中国で人気なのはあくまでも犬だが、猫の場合は中国語で藍猫(ランマオ)と呼ばれる「ロシアンブルー」が人気のようだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/18490209/

続きを読む

1 :ブルーベリーフラペチーノうどん ★:2020/06/28(日) 23:43:05 ID:6WPlH8jm9

サムネイル NHKの改善課題についての総務省の有識者会議「公共放送の在り方に関する検討分科会」が26日、要望事項をとりまとめた。
テレビがない人向けのネット配信サービスについての検討などを求めている。

若者を中心にテレビ離れが進むのを見据え、将来の受信料制度のあり方も検討してもらう。

NHKが4月に始めた同時配信サービス「NHKプラス」は放送の補完として位置づけられており、
受信料契約者向けに配信されている。受信料を払っていない人の端末には契約を促すメッセージが表示される。

テレビを見ない人の割合は20代で3割強、10代で4割近くにのぼる。

1割前後の50代以上と比べ、若い世代ほどテレビを見ない傾向が強まっている。

有識者会議でも、スマホなどでの視聴について議論し、受信料の徴収方法の見直しも含めて検討するという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/03c9ce528a40460a7ec8333acc55fec4d00a39bb

【裁判】NHKの放送だけ映らないよう加工したテレビ、NHKと受信契約を結ぶ義務なし。東京地裁★9
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593236821/

前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593319376/
1が建った時刻:2020/06/27(土) 20:52:29.97
【話題】 若者のテレビ離れ・・・テレビを見ない人の割合は20代で3割強、10代で4割近くに★12 [首都圏の虎★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593336990/

続きを読む

1 :記憶たどり。 ★:2020/06/28(日) 02:10:56.02 ID:2MXTu88p9

サムネイル NHKの改善課題についての総務省の有識者会議「公共放送の在り方に関する検討分科会」が26日、要望事項をとりまとめた。
テレビがない人向けのネット配信サービスについての検討などを求めている。

若者を中心にテレビ離れが進むのを見据え、将来の受信料制度のあり方も検討してもらう。

NHKが4月に始めた同時配信サービス「NHKプラス」は放送の補完として位置づけられており、
受信料契約者向けに配信されている。受信料を払っていない人の端末には契約を促すメッセージが表示される。

テレビを見ない人の割合は20代で3割強、10代で4割近くにのぼる。

1割前後の50代以上と比べ、若い世代ほどテレビを見ない傾向が強まっている。

有識者会議でも、スマホなどでの視聴について議論し、受信料の徴収方法の見直しも含めて検討するという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/03c9ce528a40460a7ec8333acc55fec4d00a39bb

【裁判】NHKの放送だけ映らないよう加工したテレビ、NHKと受信契約を結ぶ義務なし。東京地裁★9
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593236821/

前スレ
1が建った時刻:2020/06/27(土) 20:52:29.97
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593272480/

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2020/06/25(木) 10:25:11.62 ID:o/8ZAHZU9

サムネイル (CNN) 米国人がマスクの着用に抵抗を示す姿は、外国人の目には自分勝手としか見えないかもしれない。
だがその背景には、「政府の権力」と「個人の自由」のせめぎ合いという建国当初からの歴史がある。

米国の政治的DNAには抵抗の精神が組み込まれている。
例えば、ノースカロライナ州で新型コロナウイルス感染対策の行動制限に反対を訴えてきた女性活動家は最近、
フェイスブックに投稿した動画の中で、マスクをフライパンで焼いてみせ、着用を義務付けるのは「自由の侵害」だと主張した。

アリゾナ州の男性は新型ウイルス感染症で家族を亡くしたにもかかわらず、マスクは着けないと言い張っている。

最近マスクを義務化したばかりのカリフォルニア州では、その議論をめぐって保健当局者が脅迫を受けたという。

トランプ大統領のマスク嫌いもよく知られている。マスクで顔を覆うのは弱さやリベラル主義の表れで、米国の精神に反すると主張してきた。
先週のインタビューでも、マスクを着ける国民には自身を困らせようとする政治的意図があると批判した。

社会に対立軸を作って政治利用しようとするのはトランプ氏の常套(じょうとう)手段だが、マスクが論争の火種になるのはこれが初めてではない。
約100年前に起きたスペインかぜの流行でも、マスク義務付けに反対運動が起き、着用を呼び掛けた医師が中傷を受けた。

政府がシートベルト着用や禁煙、銃規制などを後押ししたケースでも、同じような議論が繰り返されてきた。

歴史の教訓は明らかだ。マスクを着けたがらない米国人に対し、着けろと言うこと自体はいいだろう。
だが政府がそんな指図をしたら、もめごとになるのは間違いない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e874a70a237c8e633291ee692ac381a5ae25f660

マスクに対する米国人の拒否感は、自由を求める建国以来の精神に根差したものだという
https://amd.c.yimg.jp/im_siggf_rK7CXU6NB2Ul62SA_fiw---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20200625-35155819-cnn-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2020/06/16(火) 10:19:47 ID:9astFhBh9

サムネイル 「やれやれ、またあの自粛生活へ逆戻りするのか」と悲観的になっている方も多いのではないか。

40人を突破していた東京都の新型コロナ感染者が6月15日、48人にまで増えてしまったのだ。 
ここまでの水準は緊急事態宣言下の5月5日(57人)以来ということもあって、マスコミも
『「時期尚早だったのでは」 アラート解除後も広がる感染』(朝日新聞デジタル 2020年6月14日)なんて騒ぎ出している。

48人のうち23人が「夜の街」関係者ということや、ホストクラブでクラスターが発生していることなどから、
「夜の街」で濃厚接触する人々への風当たりも強くなっている。

現時点では、6月19日の「接待を伴う飲食店」への休業要請解除の政府方針に変更はないというが、
西村康稔経済再生担当相は国会で、「要請や指示に従わない施設が多数発生する場合、
罰則導入のための法整備を行わざるを得なくなる」なんて言い出している。

つまり、今の調子で感染者が増えてしまうと、接待を伴う飲食店への嫌がらせや
「あの店は営業自粛の要請に従ってませんよ」という密告が横行する、梅雨のようにジメジメした相互監視社会が到来する恐れがあるのだ。

それはいくらなんでも悲観的すぎるだろ、とツッコミを入れる方も多いかもしれないが、
日本の今のムードを踏まえると、あながち荒唐無稽(こうとうむけい)な話でもない。

というのも、実は我々は新型コロナからの経済復興に対して世界で最もネガティブ思考の国民だからだ。

マッキンゼーが世界30カ国を対象に調査した「新型コロナウイルス後の各国経済復興楽観度」のチャートが分かりやすい。
米国や中国が経済復興を楽観的に見ているところ、日本の楽観度は米国や中国の10%程度、30カ国中でもビリなのだ。

また、ボストン・コンサルティング・グループが4月に世界9カ国で実施した消費者意識調査でも、日本がダントツに事態を悪く考えている。

感染状況や景気の落ち込みについて「最悪の状態は脱していない」と回答したのが、
バタバタと人が死んでいた米国で57%、中国が26%となっているのに対して、日本だけが82%と際立ってネガティブシンキングだったのだ。

このすさまじいギャップは、それぞれの国の消費動向をみても一目瞭然だ。

例えば、中国では外出自粛でガマンを強いられた「リベンジ消費」で国内旅行が大盛況、観光地は黒山の人だかりとなっている。
米国でも5月25日の戦没将兵追悼記念日には全米各地で多くの人がレジャーに興じ、SNSには混雑したバーやクラブ、
プールで大ハシャギする写真や動画が溢れていた、と「ニューズウィーク」が報じている。

ご存じのように、日本は米国や欧州諸国と比べると、ケタ違いに死者や感染者を少なく抑えている。
にもかかわらず、ケタ違いに経済活動再開に後ろ向きだ。

中国のように浮かれたムードはまったくなく、緊急事態宣言解除後も、観光地や繁華街もいまだに閑古鳥が鳴いている。

なぜこうなってしまうのかというのは諸説ある。日本は災害が多いので、常に最悪の事態に想定して、
物事を悪く考えがちな国民性になっているという人もいれば、「失われた30年」のせいで日本人が自信を喪失したからだと分析する人もいる。

いずれにしても確かなことは、我々が世界でも有数の「ネガティブ思考」な国民であって、今回のコロナにおいてもその特徴がいかんなく発揮されていることだ。
要するに、世界各国がコロナから復興するために経済活動再開へ前のめりになっている中で、日本だけが「いや、無理でしょ」
「もうちょっと自粛しないと」とウジウジしているのは、特におかしな現象ではなく「平常運転」なのだ。

だからこそ、冒頭で述べたように、このネガティブ思考をこじらせないか心配なのだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/de9b56cb191f91b967742ee0a5285d572b868bc2

続きを読む

1 :potato ★:2020/06/05(金) 14:04:26.82 ID:BoNj2Jmt9

サムネイル 鉄オタが写真撮影のために、田んぼに無断で水を張り農家を困らせていることがテレビで放送されました。ネット上にも拡散され話題になりました。

夜のうちに忍び込みバルブを開栓

https://pbs.twimg.com/media/EZf3LSbVcAAK2S1.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EZf3LyzUMAAikN_.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EZf3MPJVcAAd67i.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EZf3MqnUYAAgvRt.jpg

リフレクション撮影とはこのような写真を撮るための方法のことです。水面で景色を反射させるために無断で田んぼに水を張ったのです。田んぼへのダメージを考えない身勝手な行動には怒りや呆れの声が上がりました。

農家の話によると夜のうちに田んぼに水道のバルブを、何者かが開栓し水を張られたとのことです。夜のうちから準備をしているあたり計画性が感じられます。報じたのはBNS新潟放送というローカル局の番組ですが、複数のユーザーがツイッターに投稿し話題になりました。

https://japan-railway.com/entry/2020/06/03/113029




おがちょ
@ogata0207
長岡の田んぼ
リフレクションしたくて勝手に田んぼに水を入れて電車と写真を撮るとかヤバイな
https://pbs.twimg.com/media/EZf2YaqUEAQOb91.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EZf2YarUMAMk5oK.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EZf2Yb2VAAAJI8k.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EZf2YdbVAAQOI2t.jpg
(deleted an unsolicited ad)
https://twitter.com/ogata0207/status/1267752726240223233

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2020/05/28(Thu) 17:11:28 ID:iW1gPc1L9

サムネイル 大幅な運休や減便が続いている航空会社。

客室乗務員の中には、休業手当だけでは家賃や光熱費も払えないと生活の苦しさを訴える人もいます。


■手当が足りず、副業でスーパーのレジ打ち

一方で、2か月ほど休業状態が続き、生活の苦しさを訴える客室乗務員もいます。
ある客室乗務員は、副業でスーパーのレジ打ちを始めました。

スーパーのレジ打ちを始めた客室乗務員「先月がちょうどフライト1ヶ月まるまる飛んでいない状態で、
手元にあったのは(休業手当)15万円とかでしたね。週に3〜4回、多くて5回とかで6万円くらいは副業でいただきました」

■手当では家賃が払えない、でも副業禁止

しかし、副業自体も認められず、休業手当が月に数万円という客室乗務員も。

職場で副業が認められていない客室乗務員「学生の頃にアルバイトしていた時の給与の方がいっぱいもらってたなー、なんて思います。
(副業)したいのは山々なんですけども、会社から副業は禁止ということで」

月の手当だけでは、家賃や光熱費も払えないといいます。

副業が認められていない客室乗務員「現状は今までやっていた貯金をとり崩して、貯金が着々と減っていっている。
この生活がずっと続くのかなと思うとちょっと…考えるところがあるというか」

https://www.news24.jp/articles/2020/05/28/07651785.html

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2020/05/26(火) 12:37:52 ID:9AHIfnmc9

サムネイル 新型コロナウイルスの感染拡大の影響による雇用情勢の悪化で、特に女性の非正規労働者に深刻な影響が出ている。

総務省の3月の労働力調査では前年同月比で男性の非正規労働者が2万人増だったが、女性は29万人も減った。
このうち25万人は子育て世代の35〜44歳に集中しており、経済状況の苦しい母子世帯や単身女性への打撃が大きいとみられる。

これまでに解雇・雇い止めされた労働者は今月に入り、男女合わせて1万人を超え、支援団体から「一刻も早く救済を」との声が上がる。

「息子の保育所も決まり、4月から働くはずでしたが、仕事がなくなりました。
子どもに食べさせるため私は1日1食にしています」。電話口から悲痛な訴えが響いた。

今月19日、母子世帯を支援するNPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」の赤石千衣子理事長らが
厚生労働省内で開いた記者会見。用意された携帯電話を通し、北陸地方で1歳の長男を育てる20代のシングルマザーが語った。
https://mainichi.jp/articles/20200526/k00/00m/040/090000c

続きを読む

1 :チンしたモヤシ ★:2020/05/26(火) 04:01:06 ID:sNWti+sQ9

サムネイル 「1968年に世界第2位の経済大国となった日本は、50年以上の長きにわたって繁栄してきた。
第2次世界大戦、いやその前から大変な問題を何度も乗り越えてきた。

しかし、現在、直面している重大な問題に対して、目を背けすぎだ。日本の借金は日々膨れ上がっている一方で、人口は減り続けている。
出生数も大きく減少していて、数年先はともかく20〜30年後には大変な状況になる。人口推計はあらゆる将来予測の中で、もっとも精度が高い予測と言える」

今回、日本政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現金10万円の一律給付など事業規模117兆円の緊急経済対策を決定しました。
しかし、諸外国と比べると対応の遅さが目立ちました。東京都は裕福かもしれませんが、国としてはすでに巨額の債務を抱えおり、
財政的な事情が決断を遅らせた理由の一つになったのでははないかとも推測されます。

一方、新型コロナの対策を早期から大規模に行ったシンガポールなどは財政黒字です。
もちろん理由は一つだけではありませんが、日頃の「貯金」があったればこそ、今回の有事にも迅速に対応できたのだと思います。

今後、東京都などの緊急事態宣言が解除されたとしても経済活動はすぐに以前の状態には戻らず、
自粛トレンドは1年2年と続く可能性があります。この「ニューノーマル」の状態では、債務が少なく、資産が多い方が当然有利です。
もし国民に引き続き自粛を要請するなら、当然のこととして追加の経済対策を考える必要性も出て来そうです

しかし、借金は無限にできるわけではありません。これ以上債務を増やし続けると日本国債の格付けにも影響を与える可能性もあります。

「日本の将来を考えたとき、ものすごい勢いで子供を増やすか、移民を受け入れるか、
とんでもないスピードで借金を減らすかしない限り、日本が長期の停滞から脱する見通しは絶望的と言うしかない。

若者が減って、高齢者が増える。社会保障のサービス水準が変わらないとすると、
数少ない若者に重税を課さない限り借金は増え続ける。誰にでもできる未来予測だ」

冒険投資家として知られるロジャーズ氏は数多くの国を旅しており、『日本よりも素晴らしい国はない』と言います。
富士山も登ったことがあり、新型コロナが収束すれば、また大好きな日本に行くことを心待ちにしているようです。

それだからこそ、ロジャーズ氏は日本に対して警告を発するのです。

「このままいけば、日本には恐ろしい未来が待っている。すぐに消滅することはないが、
あちこちで金が不足するため、外資に買われまくるといったかたちで、実質的に国家が維持できなくなる可能性もゼロとは言えない」

今の日本と言えば「世界一安全で、おいしい食べ物も全国どこでもすぐに手に入る素晴らしい国だ。なのに何をバカなことを言っているんだ。
そんなことは起きるはずはない」と反論する人も多いと思います。

しかし、ロジャーズ氏は続けます。「国家の盛衰は必ず起こり、転落し始めると一気に衰退することを歴史は教えてくれる。

もしあなたが第1次世界大戦直後の1919年にイギリスを訪れたならば、「こんな素晴らしい国は他にはない」と言っていただろう。
なぜならその頃のイギリスは世界ナンバーワンの国で、金融、ものづくり、文化の面でも世界をリードする国だったからだ。

もちろん今でもイギリスは良い国には変わりない。しかし、彼らの暮らしは1919年ごろから低迷し、
ついに1976年にはIMF(国際通貨基金)に助けを乞うところまで没落してしまった。イギリスも日本と同じように「変化」を嫌ったからだ」

ロジャーズ氏は、移民を受け入れて成功した例としてアメリカやシンガポールを挙げる一方、
外国人を拒んで衰退した国としてミャンマー(旧ビルマ)に言及します。

確かに「シンガポールで一生懸命働けば自国で家が建つ」という外国人労働者は、本当に真面目に働いています。
もちろん日本も事実上外国人の受け入れを増やしていますが、「人口に対して少な過ぎる」と言います。

ドイツのように、短期間に急激に数を増やし過ぎて問題が起きたように簡単ではないことも理解したうえで、
「もっと受け入れを増やしていく必要がある」と言います。
https://toyokeizai.net/articles/-/352326

関連
【話題】ジム・ロジャーズ 日本株を再び買い始めた「日銀が株を大量に買ったから釣られて株が上がるはずだから便乗した」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590370822/

前スレ(★1のたった日時:2020/05/25(月) 07:55:52.55)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590392233/

続きを読む

このページのトップヘ