アライバル・ニュース

2ちゃんねるのニュース速報をたくさんまとめて紹介しているブログだよ。 更新はとにかく多い。

カテゴリ: 裁判

1 :ばーど ★:2020/02/06(Thu) 11:41:28 ID:BJHZ/ujk9

サムネイル 2月4日、手術直後の女性患者の胸を舐めたなどとして、準強制わいせつ罪に問われ、一審で無罪判決となっていた男性医師(44)に対する控訴審初公判が、東京高裁で開かれた。

■医師による性的暴行事件は爆発的に増えている

男性医師は傍聴席に座る支援者たちに笑顔を浮かべて一礼し、裁判官に職業を問われて「医師です」と答えた。

公判の冒頭で男性医師の主任弁護人が事件概要を説明した。

「ここに犯罪と呼べるものは存在しません。せん妄という医学的な症例があるだけです。満室の病院で、医療関係者が入れ代わり立ち代わり出入りする中、手術を終えたばかりの医師が患者の胸を舐めた上、マスターベーションに及んだという事件。こんな奇怪な事件はない」

この日は検察側証人として、司法精神医学の専門家でもある獨協医科大学の井原裕教授が出廷した。

「事件当時、被害者のA子さんはせん妄状態であったとは考えられるが、幻覚があったとはいえず、A子さんの証言は信用できる」

井原教授は、世界的に見れば医師による性的暴行事件は珍しくなく、2016年以降、爆発的に増えているため医師界が揺れていると指摘。その説明を男性医師は、椅子に深く腰掛けて、鼻を触りながら聴いていた。

■「本物のせん妄のときは幻覚さえも覚えていない」

事件当日の経緯を説明しよう。女性は14時45分に手術室を出て、病室に行くときに、「ふざけんなよ、ぶっ殺してやる」と言ったとされる。そのことを女性は「言った覚えはない」と説明している。

この点について、井原教授は「当時、女性は過活動型せん妄状態にあったと言える。人間の体はアルコールと同じで、麻酔も徐々に覚めていく。それが27分後の事件時のA子さんは、低活動型せん妄に下がっていたと考えられるから、幻覚が起こるようなグレードではない。一審のせん妄の鑑定は、定義を非常に広くとっていて、アルコールで言えば、ホロ酔い状態の人も含むような感じです」と述べた。

その後、A子さんは看護師に「痛いですか?」と聞かれ、「痛いです」と答えている。看護師が14時55分には「覚醒良好」とカルテに書いてしまうレベルにあったということだ。

その後、男性医師から乳首を舐められたとするタイミング直後の15時12分には「たすけあつ」「て」「いますぐきて」というメッセージを上司にLINEで送っている。

「スマホがどこにあるか探して、これだけ正確にLINEを打てている。作文じゃない。迫真に富んでいる。完全なせん妄状態なら、こんなメッセージはあり得ない。非常に冷静な行動を取っていて、もはやせん妄状態じゃない。こんなときに幻覚は見ないし、本物のせん妄のときは幻覚さえも覚えていない」(井原教授)

■「高齢者と30代の健康的な女性を同一視すべきでない」

「A子さんは病室から出て行った男について、『今のはドクターですか?』と尋ね、『はい、そうです』という会話を看護師としている。意識混濁が下がり、目の前の雲がなくなって、どんどん晴れてきたという状態でしょう。LINEを打ったときは現実の世界にいたのに、また幻覚の世界に飛んでいって、また一瞬で戻ってくるなんて、そんなことはあり得ないし、非常に不自然。性的な夢を見たというのなら、夢は覚めたら現実に戻るでしょう。それが夢というものです。夢の続きで行動することなんか、絶対にない。A子さんが幻覚を見ていた可能性はかなり低いし、ほぼないに等しい」(同前)

男性医師は、井原教授が話をするたびに眉をしかめていた。

しかし、弁護側は「私たちは分かりやすさより、正確さを求めている」と反論。一審で採用されたせん妄に関する論文について見解を問われると、井原教授は一刀両断でこう語った。

「この論文は参照にする必要はない。平均年齢70・2歳の、ガン治療を受けてお見送りの緩和ケアを受けているような人たちの症例でしょう。高齢者の方は合併症も多いし、既往歴もある。弁護士の先生たちは一審から、高齢者医療のせん妄の例ばっかりやっているでしょう。A子さんは30代の健康的な女性で、何の合併症もない。こういう人たちと同一視するべきではない。こんな論文を読んでいるのは時間の無駄。事実を見誤らせ、ミスリーディングするだけです」

■警察が駆け付けた途端、逃げるように病院を後にした

以下ソース先で

2月5日 文春
https://bunshun.jp/articles/amp/32078?page=1

■関連過去スレ
【争点】手術後に胸なめた罪に問われた医師、無罪判決 乳房から採取された唾液…検察「なめまわした量」被告「つばが飛んだ」★4
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550680811/

続きを読む

1 :記憶たどり。 ★:2020/01/22(水) 13:48:53 ID:FDdL1vi+9

サムネイル https://this.kiji.is/592575010520613985?c=39550187727945729

2018年8月に徳島県松茂町の国道11号交差点で、赤信号を自転車で横断しようとした女子高生が
車にはねられ死亡する事故があり、徳島地裁は22日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた
乗用車の男性(49)に「過失を認めることはできない」として無罪判決を言い渡した。求刑は罰金30万円だった。

判決理由で佐藤洋介裁判官は、男性側の信号機が青だったとして「自転車が赤に従って横断を差し控えるものと期待、
信頼するのが通常」と指摘。「前照灯の光や反射板を踏まえても、自転車の存在を予見できたか疑いが残る」とした。

続きを読む

1 :記憶たどり。 ★:2020/01/08(水) 11:52:42.27 ID:DrKIwqbm9

サムネイル https://this.kiji.is/587472137327035489?c=39546741839462401

相模原市の障害者施設殺傷事件の初公判で、植松聖被告が横浜地裁の法廷内で暴れたため、休廷した。

続きを読む

1 :水星虫 ★ :2019/12/30(月) 09:09:32.99 ID:R72xnEcc9

サムネイル 6歳男児暴行の男に猶予付き判決

*ソース元にニュース画像あり*

※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

ことし8月、同居女性の6歳の息子に暴行を加え、腎臓が破裂する大けがをさせたとして
傷害の罪に問われた菰野町の34歳の男に対し、津地方裁判所四日市支部は、
懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。

菰野町の会社員、栗本康弘被告(34)は、ことし8月、自宅で、同居していた女性の息子の
6歳の男の子に腰付近を蹴る暴行を加え、左の腎臓が破裂する大けがをさせたとして傷害の罪に問われました。

栗本被告は初公判で罪を認め、検察は懲役1年6か月を求刑していました。
26日の判決で津地方裁判所四日市支部の濱口紗織裁判官は
「腎臓が破裂するほどの暴行を加えたことは、しつけ、にはならず悪質で
被害者は精神的にも大きな苦痛を受けたことは容易に想像できる」と指摘しました。
その上で、「被告は事実を認め、深く反省もしている」などとして、
懲役1年6か月、保護観察の付いた執行猶予3年を言い渡しました。

12/26 12:41
http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20191226/3070002674.html

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/12/17(火) 17:02:23.44 ID:r7DQG2FZ9

サムネイル  執行猶予がつくとの予想もあったが、判決は甘くはなかった。

 長男(44)を刺殺したとして殺人の罪に問われていた元農水省事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判で、東京地裁(中山大行裁判長)が懲役6年の判決を下し、賛否が分かれている。

 殺害された長男・英一郎さんは、引きこもりがちでゲームばかりしていただけでなく、熊沢被告ら両親に対して、家庭内暴力を振るうこともあった。この事情がどこまで情状酌量で認められるかが焦点になっていた。

 中山裁判長は判決理由で「強い殺意に基づき、一方的に攻撃した悪質な犯行だ」と断罪。熊沢被告は「長男に『殺すぞ』と言われ、反射的に包丁を取り、もみ合いの中で何度も刺した」と“衝動的”だったと公判で証言したが、この発言の信用性を裁判長は否定した。

 さらに、長男の主治医や警察への相談という現実的な対処方法をとらず殺害したことに「短絡的な面がある」とした。

 法曹関係者は「求刑の8掛けという相場通りの判決になりました。裁判所は被告が長男と良い関係を築くために努力してきたことを評価し『(量刑が)重い部類に属するとは言えないが、執行猶予を付ける事案ではない』としています」と話した。事情をくんだ上で懲役6年になったわけだ。

 介護殺人では殺人罪でも執行猶予がつくケースがあり、熊沢被告の公判でも同様の予想もあった。熊沢被告の弁護側も執行猶予を求めていた。

 判決にネットでは「悲惨な事件。執行猶予にしてほしかった」「実刑じゃないと引きこもりは殺していいという誤ったメッセージを社会に与えてしまう」などと賛否両論となっている。

 熊沢被告は公判の最後に「罪を償い、息子があの世で穏やかに過ごせるように祈りをささげることが私の務めだ」と話した。

 中高年の引きこもり問題には支援体制がもっと必要だろう。

2019年12月17日 16時0分
東スポWeb
https://news.livedoor.com/article/detail/17538971/

関連スレ
【裁判】長男殺害 元次官に懲役6年の実刑判決「強固な殺意に基づく」 検察官が「体にお気をつけください」と声をかける場面も ★3
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576569578/

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2019/12/16(月) 19:10:29.33 ID:OXe00rcN9

サムネイル 長男を殺害した罪に問われている農林水産省の元事務次官、熊沢英昭被告に対し、東京地裁は16日、懲役6年の実刑判決を言い渡した。

執行猶予が付かない懲役6年の実刑判決について、福永沙也佳記者が報告する。

■ポイントは「強固な殺意に基づく」ことと「短絡的であった」こと

東京地裁は、負傷箇所が30か所以上で中には10センチを超える傷があることから、「強固な殺意に基づく危険な行為」だと認定した。さらに、主治医や警察に相談できたのに行わず、同居してたった1週間ほどで被害者を殺害したことは「短絡的だった」と指摘した。

実刑判決となったが、熊沢被告が法廷を出る際に、検察官が「体にお気をつけください」と声をかける場面もあった。

12/16(月) 16:16配信 日テレNEWS24
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191216-00000328-nnn-soci

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2019/12/16(月) 19:37:51.91 ID:OXe00rcN9

サムネイル 交際相手を殺害したとして、殺人罪に問われた無職江藤翼被告(37)の裁判員裁判で、京都地裁は16日、懲役14年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。柴山智裁判長は「被害者に落ち度はなく身勝手な犯行」と述べた。


 判決によると、3月7日朝、職場で知り合った交際相手のゆうちょ銀行社員倉満紀治さん=当時(38)=の自宅アパートで、「好きって言って」と問いかけたのに対して、「ちゃんとしてたらね」と返答されたことに絶望。倉満さんを殺害し、自殺しようと考え、ベルトで首を絞めた上、包丁で左背部を1回突き刺して殺害した。

 柴山裁判長は動機について「被害者が元交際相手とよりを戻すのではないかと不安を募らせていた」と指摘し、将来を悲観する心情に一定の理解を示しつつも「犯行は身勝手」と断じた。

12/16(月) 19:21配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00199720-kyt-l26

続きを読む

1 :記憶たどり。 ★:2019/12/16(月) 16:12:11.48 ID:0t2pcz4W9

サムネイル https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/k10012216871000.html

農林水産省の元事務次官が長男を殺害した罪に問われた事件の判決で、東京地方裁判所は
「『長男に殺されるという恐怖から刺した』とする被告の供述は信用性に乏しい」などとして、
懲役6年を言い渡しました。

農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告(76)はことし6月、東京・練馬区の自宅で、長男の英一郎さん(44)を
包丁で刺して殺害したとして、殺人の罪に問われました。

被告は起訴された内容を認め、裁判では被告が長男から家庭内暴力を受けるなどした事件のいきさつを踏まえて、
情状酌量がどの程度認められるかが争点となりました。

検察は懲役8年を求刑し、弁護側は執行猶予の付いた判決を求めていました。

16日の判決で、東京地方裁判所の中山大行裁判長は「『長男に殺されるという恐怖から刺した』とする
被告の供述は信用性に乏しく、ほぼ一方的に攻撃を加えたと認められ、強固な殺意に基づく危険な犯行だ。
主治医や警察に相談できたのに相談することなく、同居してわずか1週間で殺害を決意して実行した経緯には
短絡的な面がある」と指摘しました。

そのうえで「長男から暴行を受けて恐怖を感じ、対応に不安を感じる状況になったという事情が背景にあることは
否定できず、それなりに考慮すべきだ」として、懲役6年を言い渡しました。

被告 うなずきながら判決内容を聞く

熊澤被告はスーツとネクタイを身につけて、ややうつむきながら法廷に入ったあと、裁判長から法廷の中央にある
証言台の前のいすに座るよう促されました。

判決の冒頭で「懲役6年」という主文が言い渡された際には、裁判長のほうをまっすぐに見ながら聞いていました。

裁判長のことばを聞きながら、被告は内容を確認するようにしっかりとうなずいていました。

言い渡しが終わると、裁判長と弁護士、それに検察官に一礼して法廷をあとにしました。

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2019/12/14(土) 22:41:49.00 ID:S+ND8z9j9

サムネイル 日本音楽著作権協会(JASRAC)が全国の音楽教室から指導時の楽曲演奏の料金を徴収する方針を決めたことに対し、ヤマハなど音楽教室を運営する事業者らがJASRACに請求権がないことの確認を求めた訴訟が13日、東京地裁で結審した。判決は来年2月28日。コンサートなどの発表の場でなく、教室内での練習・指導の演奏にも著作権が及ぶかについて初の司法判断になる。

 2017年2月に音楽教室から徴収する方針を決めたJASRACに対して、教室側が同年6月、JASRACに著作権使用料の請求権がないことを確認する訴えを起こした。

 著作権法は公衆に直接聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を作曲家、作詞家が専有すると定める。

 教室側は「講師の演奏は楽器の弾き方の手本を示すため。生徒の演奏は技術をチェックしてもらうため。いずれも公衆に聞かせることが目的とはいえない」と主張。これに対し、JASRAC側は「生徒や講師の演奏も楽曲の商業利用であり、演奏を管理し利益を得ている教室には支払い義務がある」と反論してきた。JASRACは職員が約2年間、教室に「生徒」として通う潜入調査もした。

 法廷の外でも両者は激しく対立。教室側は徴収に反対する50万人超の署名を文化庁に提出したほか、史上初となる著作権等管理事業法に基づく文化庁長官裁定を申請し、司法判断が出るまでJASRACに徴収を始めさせないよう求めた。(赤田康和)

幼児向け音楽教室での指導風景
https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20191213001778_comm.jpg

2019年12月13日17時58分 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASMDF3SD2MDFUTIL017.html

続きを読む

1 :木星虫 ★ :2019/11/15(金) 07:14:05.90 ID:IEnxVBJW9

サムネイル スピード違反は「無罪」福岡高裁

*ソース元にニュース画像あり*

※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

福津市の道路で、スピード違反をした罪に問われた女性について、福岡高等裁判所は、
「スピード違反を取り締まる装置の画像からは、女性と似ているとは評価できない」
などとして1審の罰金5万円の判決を取り消し、無罪を言い渡しました。

4年前、福津市の国道で、県内に住む25歳の女性が法定速度を35キロ超える
時速95キロの速度で、車を運転したとして、道路交通法違反の罪に問われ、
1審の福岡地方裁判所は車のスピード違反を取り締まる装置、「オービス」の画像と
女性の写真などとの鑑定から、運転していたのは女性だと強く推認されるなどとして、
罰金5万円の有罪判決を言い渡しました。

14日の2審の判決で、福岡高等裁判所の野島秀夫裁判長は
「1審判決は、犯人と女性とが『おそらく同一人物であると考えられる』とする
オービスの画像と女性の写真との鑑定に高い信用性を認めたが、分析や検討、
評価をしないまま信用性を肯定していて、不合理だ」と指摘しました。
その上で、「オービスの画像と女性の写真などを見比べても、犯人が女性だと似ているなどとは評価できない。
1審判決には事実の誤認がある」として1審の判決を取り消し、無罪を言い渡しました。

福岡高等検察庁は「判決内容を十分に精査、検討し、適切に対処したい」としています。

11/14 18:53
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukuoka/20191114/5010006099.html

続きを読む

1 :かばほ〜るφ ★:2019/11/11(月) 11:12:49.76 ID:0RkMWmE19

サムネイル ネットのトラブルで恨み 被告「間違いありません」 福岡・IT講師殺害初公判
11/11(月) 10:52配信

福岡市で昨年6月、IT関連セミナーの講師を刺殺したとして、
殺人などの罪に問われた同市東区の無職、松本英光被告(43)は11日、
福岡地裁(岡崎忠之裁判長)の裁判員裁判の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
インターネット上のトラブルが原因で面識のない相手に恨みを募らせ、殺人にまで発展したとされる今回の事件。
被告側は責任能力について争う姿勢を示しており、公判で動機の解明がどこまで進むかが注目される。

起訴状によると、松本被告は昨年6月24日午後8時ごろ、
講師として同市中央区にある市の起業支援施設(旧大名小学校)を訪れていた
岡本顕一郎さん(当時41歳)の首や胸などをレンジャーナイフで多数回突き刺し、
殺害したなどとされる。岡本さんはセミナー終了後、施設内のトイレに入ったところで襲われた。

一方、起訴内容を認めた被告同様、弁護側も「公訴事実は争わない」とした上で、
「心神耗弱」と「自首」を理由に刑の減軽を求めた。

岡本さんはネット上で「Hagex(ハゲックス)」というハンドルネームを名乗る人気ブロガーで、
ネットの炎上発言などを監視する「ネットウオッチャー」としても知られた存在だった。
東京都内のサイバーセキュリティーコンサルタント会社に勤務し、
匿名化ソフトを使ってアクセスする「ダークウェブ」など最新のサイバー犯罪にも精通していた。

松本被告と岡本さんは面識がなく、ネット空間が唯一の接点だった。
松本被告とされる人物は、掲示板で他のネットユーザーを「低能」などと頻繁に中傷していたことから、
他のユーザーから皮肉を込めて「低能先生」と名付けられていた。
一方、岡本さんは「低能先生」による目に余る誹謗(ひぼう)中傷があった際に、
掲示板の運営会社に通報してアカウントを凍結させ、「低能先生」が投稿できないようにさせていた。

事件の直後、ネットの匿名の掲示板には、松本被告によるとみられる
「ネット弁慶(ネット上だけで強気な発言を繰り返すこと)卒業してきたぞ」
「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ」などの投稿があった。
また「これから近所の交番に自首し責任を取る」との書き込みもあった。
松本被告は事件の約3時間後に福岡市内の交番に出頭した。【宗岡敬介、浅野孝仁】

11/11(月) 10:52配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000014-mai-soci

Hagexさん刺殺事件、初公判で被告が起訴内容認める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000012-asahi-soci

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/11/02(土) 14:25:25 ID:AaZ5OX809

サムネイル 2017年5月に在クウェート日本国大使から旅券返納命令を受けたのは憲法違反・違法などとして、命令の取り消しや損害賠償を求め、東京都足立区のアルバイト女性(32)が2018年11月、国を相手に訴訟を起こしていたことが、原告や代理人への取材で分かった。

女性はブルガリアやトルコを旅行して帰る予定だったが、経由先のクウェート空港で、持っていたスマートフォンに「ISIL(IS、いわゆる『イスラム国』)戦闘員の写真が保存されている」などの理由から拘束される。国外退去強制処分を受け、「再入国禁止」とされ、旅券を没収された。

だが女性側は「ISILと何の関係もありません」と主張。J-CASTニュースの取材に原告は「私のことを普通の人間にして」と訴える。

「危ないところや危険地域に行く気は本当になかった」

女性は、17年5月16日に経由先のクウェート空港に到着。着いた後、直面した出来事を振り返った。「日本人の男3人に連れていかれたのが別室。別室には何人かいたけど、クウェートの女性が一番印象に残っている。『携帯出せ』と言われた」。

スマートフォンの中にISIL戦闘員の写真が保存されていたことなどを理由として、同月19日、退去強制処分を受け、「再入国禁止」の措置を取られた。しかし女性などによれば、これらの写真はインターネット上で入手したもの。また女性は陳述書で「クウェートの官憲から、どの写真がそれに該当するのかという説明はありませんでした」などと主張している。取材に対しても、「危ないところや危険地域に行く気は本当になかった」と強く否定する。

さらに女性は、日本大使館の人物にクウェート空港の別室へ連れていかれ、5月19日午前1時を返納期限とする旅券返納命令を受けた。出された命令書には、

「当国クウェートにおいて、貴殿の所持する携帯電話にISIL戦闘員の写真が保存されていること等から、ISILと関与のある人物として拘束された後、国外退去強制処分を受け、『再入国禁止』の措置が付されたことにより、旅券法第13条第1項第1号に該当する者となり、その結果、同法第19条第1項第2号に規定する『一般旅券の名義人が、当該一般旅券の交付の後に、第13条第1項各号のいずれかに該当するに至った場合』と判断されるに至ったため」

とつづられている。

旅券法では、「渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者」などについて、旅券の返納を命ずることができると定められている。

女性は日本に強制送還され、帰国した。

2019/11/ 2 11:00 J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2019/11/02371384.html
https://www.j-cast.com/assets_c/2019/10/news_20191030153145-thumb-645xauto-167418.jpg

続きを読む

このページのトップヘ