アライバル・ニュース

2ちゃんねるのニュース速報をたくさんまとめて紹介しているブログだよ。 更新はとにかく多い。

2018年01月

1 :どんぐり ★:2018/01/31(水) 22:13:52.19 ID:CAP_USER9

サムネイル  前橋市で9日、自転車で通学中の女子高校生2人が乗用車にはねられた事故で、群馬県警は31日、意識不明の重体となっていた市立高1年の太田さくらさん(16)=同市=が死亡したと発表した。

 死因は低酸素脳症だった。

 事故では、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で乗用車を運転していた男(85)が逮捕され、前橋地検が鑑定留置して刑事責任能力を調べている。男は逮捕当時、「気が付いたら事故を起こしていた」と話していた。

 はねられたもう1人の女子生徒(18)は、意識が戻ったが入院中という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000165-jij-soci

続きを読む

1 :nita ★:2018/01/31(水) 16:32:30.24 ID:CAP_USER9

サムネイル 1/31(水) 13:38配信
朝日新聞デジタル

 韓国の財閥系電機最大手のサムスン電子は31日、2017年の連結決算を発表した。本業のもうけを示す営業利益は過去最高の53兆6500億ウォン(約5兆4400億円)で、初めて5兆円台の大台に乗った。売上高も前年比18・7%増の239兆5800億ウォンで過去最高だった。

 スマートフォンやサーバー向けの需要急増で価格が高止まりしている半導体事業の営業利益は約35兆2千億ウォンで、全体の65%を占めた。同社は、半導体を原動力とした好業績は今後も続くとみている。

 一方で、同社の実質トップで創業家の李在鎔(イジェジョン)副社長は、朴槿恵(パククネ)前大統領への贈賄事件で昨年8月に一審で懲役5年の実刑判決を受け、勾留が続く。2月に二審判決が予定される中、社内では、オーナー経営者の不在で新たな成長分野への大規模投資や企業合併・買収(M&A)の決断が滞ることに焦燥感も広がっている。(ソウル=武田肇)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000028-asahi-bus_all

続きを読む

1 :ばーど ★:2018/01/31(水) 16:35:18.70 ID:CAP_USER9

サムネイル 仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、分散して送金されていた「NEM」の一部が、30日夜、事件と関係のない一般ユーザーの口座に移されていたことが分かりました。

この事件は1月26日、「コインチェック」から仮想通貨「NEM」580億円相当が不正なアクセスによって流出したものです。「NEM」は特定の口座に送金されたあと、9つの口座に分散して送金されましたが、その一部が30日午後10時半ごろからの30分間で、さらに、別の9つの口座に送金されていたことが分かりました。この9つの口座は、いずれも一般のユーザーのもので、送金されたのはそれぞれ8000円相当だということです。

専門家によりますと、犯人側は事件と関係のない多くの一般ユーザーに送金することで、580億円相当の「NEM」が凍結されないようにしている可能性があるということです。警視庁は不正アクセス禁止法違反などの疑いを視野に、捜査を進めています。

1月31日
TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3278699.html

続きを読む

1 :ばーど ★:2018/01/31(水) 16:48:38.44 ID:CAP_USER9

>>1

だが中村さんがある日、まめ蔵を普段と違う檻に入れた時のこと。まめ蔵はいつも一定の距離感を保っているのにもかかわらず、中村さんの後をついてくるようになった。数日間、そんな状態は続いた。

ここで我慢を覚えれば、立ち直るきっかけをつかめるはず——。中村さんはそう考え、まめ蔵にエサを出さないことにしたが、それでも「待て」「伏せ」の指示に従い続ける。まめ蔵が殻を破った瞬間だった。中村さんは「褒美」としてエサを与える。

その後、成長したまめ蔵と面会した飼い主の目には涙が...。まめ蔵は2018年1月21日、訓練所を卒業。番組の最後には、まめ蔵が中村さんの元へ駆け寄り抱きかかえられる場面も流れ、ツイッターやインターネット上では

“「中村さんとまめ蔵の話、物語にはないリアルな感動があった 自分の好きな犬に対してあれだけ厳しくできるのは本当の愛があってこそだと思う」
「最後まめ蔵が自ら中村さんの方へ抱きついてて泣きそうになった」
「ストの方、まだ体が強張り気味のまめ蔵を抱きしめながら、ありがとうと囁いたシーンに涙が止まらなかった」との声が続出した。

■中村さん「本当は、私みたいな存在がいてはいけない」

一方で、中村さんのしつけは時として「鞭打ち式体罰」「暴力を振るう訓練士」と批判にさらされる。実際、番組放送後のツイッターには

“「訓練士、豆ぞうをグーで頭殴った。こんな躾ありえない」
「言っていいですか?棒で殴って距離が縮まるわけないじゃん。バカなんじゃないの、このひと」などの声が上がっていた。

だが中村さんがそのような声にひるむことはない。自身のフェイスブックでは放送後、「私が戦う相手がおわかりいただけたでしょうか?」と投稿。その上で、

“「そうです...『世論』と『世論に負けそうになる自分』との戦いです。きっとこれは死ぬまで続くのではないかと思っています。それでも戦い続けます。後に続く者達と行き場を失った咬み犬がいる限り」とつづった。

中村さんは1月30日のJ-CASTニュースの取材に、

“「体罰を使うことを否定するのが今の世論。ですが、主流のトレーナーがそうした声に流され、さじを投げた結果、治るものも治らなくなっている」と話す。その上で、

“「犬は平等じゃない。理屈の違う子もいる。トレーナーや獣医師、繁殖者らが本来、手をかけてやるべきなのだが、そうしたシステムが確立しておらず、手遅れになってしまっている。本当は、私みたいな存在がいてはいけない」と強調した。

テレビ局の密着取材を受けるのは、これが初めて。放送後の反響については、「(しつけへの)賛同者の方が多かった」と感じている。応援のメールも3〜40件、電話も5、6件届いたが、「虐待だ」と批判するものは1件だったという。

おわり

2018年1月29日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で放映された、「戦う訓練士」こと犬の訓練士・中村信哉さん(47)のドキュメンタリーに、視聴者から「泣いた」との反響が相次いでいる。

中村さんが預かるのは、飼い主の手に負えなくなった凶暴犬ばかり。手厳しい訓練は時に批判を浴びることもある。だが心を鬼にして、犬と向き合う。いったい何がそうさせるのか。J-CASTニュースは、本人に取材した。

犬の訓練士に密着
https://www.j-cast.com/assets_c/2018/01/news_20180130203455-thumb-autox380-131181.jpg

■ほめるのも大事、叱るのも大事

北栃木愛犬救命訓練所(栃木県大田原市)で所長を務めている中村さんは元々、警察犬の訓練士だった。警察犬訓練所で5年半の修行を積み、現在の訓練所を設立した後、問題行動を起こす犬の飼い主から訓練の依頼が入るように。中村さんはそんな犬の更生に尽力するため、警察犬の訓練をやめた。

飼い犬の噛み付き事故は例年、4000件を超えている。中村さんは預託訓練専門で、全国各地の飼い主から凶暴犬の更生を引き受ける。この20年間で700頭超、全体の約8割を更生させ、現在も100頭の凶暴犬を抱えている。

番組によると、犬が凶暴化する要因はさまざまだという。ただ、「叱る」「ほめる」の両極端でしつけられるなどして、人と感情を交わした経験が希薄なのだそうだ。

中村さんは一体、どのように犬を更生させているのか。番組では、エサやりの模様を紹介した。

「待て」「伏せ」などと指示し、犬の檻にエサを入れ、2本の竹で作った手製のムチを使う。問題行動を起こす犬は、本能が抑えられない状態にあるため、食事の時間にムチで大きな音を出し、最低限の痛みを与え、我慢の経験を積ませる。こうすれば、犬は何を叱られているのか、音と刺激で覚えるようになるという。

中村さんは番組の取材に「(叩くことは)気持ち良くはない。これでも犬好きなので」と前置きした上で、

“「厳しいのが嫌いだからといって、やらなかったら、襲ってくることも止まらないし、かみ続ける。かむ犬は治らないと処分してしまったケースがある。どんな方法を使っても、飼い主の元で一生を送らせたい」と強調した。

“「私はほめるしつけが間違っているとは思わない。ほめるのも大事、叱るのも大事、片一方だけでやるのがダメ。まったくほめられなかった子どもはどうなるか。同じことが犬の業界でも起きている」

■「涙が止まらなかった」「泣きそうになった」

番組ではその後、中村さんが8歳の柴犬「まめ蔵」と向き合う様子に密着した。

訓練所に来てから、既に9か月。多くの犬は半年もすれば変化の兆しが表れるそうだが、まめ蔵は人への関心を示すどころか避けようとしていた。「ちょっとしたことに対して拒絶が半端じゃない」(中村さん談)。

ある日のこと。中村さんが「伏せ」と指示しても、まめ蔵は言うことを聞かない。中村さんが檻を開け、手を伸ばした時、まめ蔵は大きな悲鳴を上げ、その手にガブッとかみついた。

「痛ってえっつんだよ」。中村さんはそう声を上げると、まめ蔵を檻から外に出し、握りこぶし、そして手の平で頭部を叩いた。

>>2以降に続く

2018/1/31 07:00
J−CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/01/31319955.html?p=all

続きを読む

1 :ばーど ★:2018/01/31(水) 16:54:38.49 ID:CAP_USER9

サムネイル 4月からの新年度を前に、将来計画の策定に取り組む全国の自治体が「平成」の次の元号となる2019(平成31)年5月以降の表記に頭を悩ませている。計画期間や行程表の記載で和暦を使おうにも、新元号が発表されておらず、国の統一ルールもないためだ。兵庫県内では、元号変更後の時期であっても平成の表記で通したり、19年度以降は西暦だけで表現したりと判断が分かれている。(小川 晶)

「平成30年度から平成35年度までの6年間」。今月15日まで県民意見を募集していた「兵庫県がん対策推進計画」改定案の計画期間だ。

天皇陛下の退位日については、昨年12月1日の皇室会議で19年4月30日と正式に決定。改定案最終年度の「平成35年度」は次の元号に移行している時期に当たるが、策定した疾病対策課は「特に理由はなく、これまでの表記にならった」としつつ、確定版では西暦と併記するなど対応を検討するという。

一方、同じ兵庫県の計画でも、昨年12月に政策調整課がまとめた「活力あるふるさと兵庫実現プログラム」(2017〜21年度)では、元号の変更を明確に意識。年度ごとの行程表では、17、18年度はそれぞれかっこ書きで「H29」「H30」と付けたが、19〜21年度はあえて外している。

同課の担当者は「昨春ごろから元号の取り扱いについて協議し、新たに策定する計画案では19年度以降の表記を西暦のみと決めた」と明かすが、県庁内で一定の基準があるわけではないといい、「あくまで課としての判断」と強調。過去の計画などの表記を精査する予定もないそうだ。

県内市町では昨年12月、神戸市のバスターミナル整備基本計画案や宝塚市の地域包括ケア推進プラン素案、たつの市の本庁舎整備基本計画素案などが公表されたが、この3案は、いずれも次の元号に当たる時期を平成で表していた。

「平成41年度」までの計画スケジュールを盛り込んだ神戸市の担当者は「改元が取りざたされる以前から使っている資料のため」と話す。ただ、案の作成に当たっては、年度の表記をどうするかが検討課題として挙がっていたという。

      □   □

全国の自治体が同様の悩みを抱えているようで、元号変更に伴う公文書の取り扱いを所管する内閣府大臣官房総務課には、全国の自治体から週に1件ほどの問い合わせが寄せられている。国の法令では、官公庁の公文書に和暦使用の義務規定はないが、慣例で使い続けている自治体が多いためだ。

新しい元号は今年中にも発表される見通しだが、同課の担当者は「元号法を解釈すると、次の元号が施行される19年5月までに作成する文書類では、何年後であっても平成で表記することになる」と説明。一方で、今回のように元号変更があらかじめ分かっている場合の具体的な対応は検討しておらず、「現時点では、各自治体の判断に任せている」としている。

【国が明確な基準を 京都産業大の所功名誉教授(日本法制文化史)の話】現時点の元号が全てのベースになるという原則論に従えば、あえて西暦などを使う必要はなく、平成で通せばいい。ただ、自治体が元号の取り扱いに悩む現状があり、実際に和暦や西暦の表記がばらばらになっている以上、公文書の統一性を保つためにも、国は明確な基準を示すべきだ。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/img/d_10943380.jpg
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/img/d_10943379.jpg

2018/1/31 06:55
神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/0010943378.shtml

続きを読む

1 :みつを ★:2018/01/31(水) 17:00:19.90 ID:CAP_USER9

サムネイル http://www.bbc.com/japanese/video-42885224
(リンク先に動画ニュースあり)

BBCテレビ「BBC One」は1月、世界のネコ科動物をとりあげた自然番組「BIG CATS」を放送している。2年にわたり14カ国で取材した中から、地上最速のチーターを取り上げる。

チーターによる獲物の追跡は自然界でも特に劇的な光景のひとつだが、英王立獣医大学の研究チームによると、狩りの決め手となるのは実はスピードではなく、追跡の最終段階にあるという。

続きを読む

1 :みつを ★:2018/01/31(水) 17:32:15.12 ID:CAP_USER9

サムネイル https://www.cnn.co.jp/m/world/35113972.html

2018.01.31 Wed posted at 10:49 JST
(CNN) 北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏を殺害したとして起訴された女2人の公判が30日、マレーシアの裁判所で開かれた。証言に立った捜査員は女のうちの1人について、事件の数週間前にスカウトされ、日本のお笑い番組だと信じていたと語った。

捜査員によると、インドネシア人のシティ・アイシャ被告は2017年1月、400マレーシアリンギット(約1万円)の報酬を受け取って、日本のユーチューブの番組のためにいたずらをしかけるよう持ちかけられた。

アイシャ被告は同年2月13日、クアラルンプール国際空港で金氏の顔面に神経ガスのVXをなすりつけた罪に問われている。同被告本人も、テレビ番組の演出だと思ってやったと主張していた。

マレーシア当局は、シティ・アイシャ被告とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告(29)について、北朝鮮に訓練された工作員だったと見ている。 これに対して両被告とも一貫して、男性の顔になすりつけたのはベビーオイルだったと思ったと訴えてきた。

捜査員の証言によると、シティ・アイシャ被告はタクシー運転手に声をかけられ、日本で放映されるユーチューブのお笑い番組への出演を持ちかけられた。その日のうちに、クアラルンプール市内のショッピングモールで、「あの日本人」と呼ばれる男と会った。

しかしこの男は、実は北朝鮮人だったとされる。この男を含む3人は同年3月に、北朝鮮へ強制送還された。

両被告は有罪になれば、死刑を言い渡される公算が大きい。次回公判は2月8日に開かれる。

金正男氏を殺害したとして起訴された女が日本のお笑い番組だと信じていたと語った=Mohd Rasfan/AFP/Getty Images
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/01/31/301c9729e3a55be592ceea8869dc8499/t/320/180/d/kim-jong-nam-trial-siti-aisyah-1.jpg

続きを読む

1 :的井 圭一 ★ :2018/01/31(水) 10:54:09.36 ID:CAP_USER9

サムネイル http://img.5ch.net/premium/1051729.gif
通信アプリ大手のLINEは、アプリを使って仮想通貨の事業に新たに参入すると発表しました。
LINEによりますと、今月、金融事業を行う子会社を設立し、アプリ上で現金と仮想通貨の交換を手がけるとともに取引所の運営も行うということです。
LINEは仮想通貨を取り扱うため金融庁への手続きを始めています。

NHKニュース
1月31日 10時50分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180131/k10011309471000.html

続きを読む

1 :じゅげむ ★:2018/01/31(水) 11:00:47.85 ID:CAP_USER9

   / ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ \
   l            l
   ヽ,,,,,/  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽノ
   |:::::  ι       l
   |:::   __    _ |  ソウルを火の海にするニダ
  (6   \●>  <●人
   ! ι  ι )・・(   l  
   ヽ       (三)   ノ     【2get☆】
    /\    二  ノ 
   /⌒ヽ. `ー ─ 一' \
  l    |      ヽo ヽ
  
朝鮮上下合体のウリンピックするニダ!
ズルじゃないニダ!
  

年初に報じられた「耳慣れない兵器」

北朝鮮ミサイル問題に進展がないまま、尖閣諸島周辺の接続水域を最新の潜水艦と中国海軍の軍艦が航行し、日本の防衛能力は、まさに岐路に立たされている。

国産の次期防衛兵器は「トランプ・セールス」に完敗状態で、これからはV-22オスプレイを筆頭に、AAV7水陸両用車、グローバルホーク滞空型無人機、陸上型イージス・アショア、長距離巡航ミサイル……とアメリカ製兵器直輸入がメインとなる時代だ。

そんな中、年初の一部報道で、「電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化」(2018年1月1日付、日本経済新聞)といった見出しが躍った。

2018年末に改定する中期防衛力整備計画に、予算を盛り込むことを検討しているという。

取り沙汰されている具体的な「新兵器」がボーイング社の「EA-18G」だ。通称「グラウラー(Growler:「うなる者」の意)」と呼ばれ、ひときわ異彩を放つアメリカ製兵器である。

グラウラーはアメリカ海軍電子戦機で、F/A-18Fスーパーホーネット艦上攻撃機をベースに開発された。

アメリカ軍の中でも新しい機体で、2009年から配備が始まり、日本でも横須賀第7艦隊に所属する原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機として、厚木基地や岩国基地に展開している。

オーストラリア空軍にリースしている12機も含めると、アメリカ海軍全体で約100機を保有しているとされる。


航空機で「電子戦」を戦うとは、どういう意味か?

さて、この電子戦機だが、みなさんは「電子戦」と聞いて、どのような戦いを想像するだろうか? ハッキングやコンピュータウイルスを用いて、敵のパソコンを破壊するものだとすると、戦闘機といったい何の関係があるのかと不思議に思われるだろう。

実は「電子戦機」についてはトップシークレットとされ、詳しい説明はされてこなかった。ここでは、この「電子戦機」というものを解剖してみたい。

シンプルに言えば、電子戦機は、敵のミサイル基地や軍艦を先制攻撃するのに先立って、敵レーダーや通信機器、コンピュータの電子機器、地対空ミサイルシステムを妨害・攻撃し、無力化にさせるものだ。

その攻撃圏内にあれば、携帯電話も通話すら出来なくなるという。

電子戦機の歴史は古く、ベトナム戦争初期のEA-1スカイレイダーがその嚆矢といえる。以下、EKA-3Bスカイウォーリアー、A-6イントルーダー(Intruder:「侵入者」の意)、EF-111Aレイヴン(Raven:「ワタリガラス」の意)などがあった。

グラウラーの前身といえる電子戦機は、グレナダ侵攻・湾岸戦争・イラク戦争で活躍したEA-6Bプラウラー(Prowler:「うろつく者」の意)とされる。

グラウラーは、AN/ALQ-99戦術妨害装置(TJS)ポッド、AN/ALQ-218(V)2無線周波受信システム、通信対抗手段セット(CCS)を搭載。

メイン装備のAN/ALQ-99は、両翼端に取り付けられた電子戦用ポッドで、ミサイルランチャーのかわりに取り付けられている。このポッドから妨害電波を発信するという。

電子機器が多く搭載されているので、20mmバルカン砲もオミット(取り外し)されている。つまり、非武装・丸腰の機体なのだ。

>>2へ続く
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54253

http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/a/1/-/img_a109a3a794593ae75d5cc4035cb6bbed120893.jpg
http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/e/0/-/img_e0e2d61bdf39e64244d6b101067b3c5e621967.jpg

続きを読む

1 :たんぽぽ ★:2018/01/31(水) 11:45:59.94 ID:CAP_USER9

サムネイル https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180131-00000010-ann-soci
テレビ朝日系(ANN)

 31日午前8時前、東京・世田谷区の公園のトイレで爆発があり、男性がけがをしました。

 警視庁によりますと、午前7時40分ごろ、世田谷区上馬の上馬北公園にある公衆トイレで、「ドーン」という大きな音がしたと近くにいた女性から110番通報がありました。警察官や消防隊が駆け付けたところ、すでに火は消えていましたが、トイレの扉が壊れるなどしていました。中にいた30代の男性が顔をやけどするなどのけがをしましたが、命に別状はないということです。現場にはカセットボンベが残されていて、警視庁は男性がトイレの個室内でガスを充満させてライターで火を付けたとみて、事情を詳しく聴いています。

続きを読む

1 :ばーど ★:2018/01/31(水) 12:18:56.32 ID:CAP_USER9

サムネイル 大量の仮想通貨が大手取引所から流出した問題で、30日夜、流出した仮想通貨のうち少ない額をインターネット上の複数の口座に分散する動きが確認され、専門家は、仮想通貨を複雑に動かすことで追跡を難しくしようとしているのではないかと指摘しています。

仮想通貨の大手取引所、コインチェックから流出した「NEM」と呼ばれる仮想通貨およそ580億円分は、インターネット上にある合わせて10の口座に移されたことがわかっています。

仮想通貨の取り引きの記録はすべて公開されているため、NHKがこれらの口座を監視していたところ、30日午後10時半ごろ、およそ8000円分が1つの口座から別の口座に移されたことが確認できました。

その後も1万円程度のNEMをほかの口座に移す動きは14回にわたって続き、流出したNEMは現段階では19の口座に分散された形となっています。その一方で、全く別の口座からこれらの口座に数円から数百円程度とごく少額のNEMを送る動きも断続的に見られました。

流出したNEMをめぐっては、関係者が口座に目印をつけるなどして追跡を続けていますが、そうした中で確認された今回の動きについて、仮想通貨のセキュリティーに詳しい楠正憲さんは「これまでの仮想通貨の盗難事件でも見られた手口で、不特定多数の口座を巻き込んで追跡を難しくする狙いがあるのではないか」と話しています。

1月31日 11時50分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180131/k10011309511000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

関連スレ
【コインチェック】NEM流出先とみられるハッカー口座、別口座へ送金再開
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517359267/

続きを読む

1 :ハンバーグタイカレー ★:2018/01/31(水) 12:29:21.81 ID:CAP_USER9

>>1
続き

事件後、市役所には全国から非難や苦情の電話が殺到。真砂充敏市長は「市民の信頼を損なったことは大変申し訳ない」と陳謝した。

地域の目で監視を

 地域に衝撃を与えた今回の事件。子供が女児と同じ小学校に通う主婦(40)は「通学路の周辺には逃げ込める場所があまり多くない。子供が襲われ、『助けて』と叫んだとしても誰にも気付かれず連れ去られてしまうかもしれない」と不安を隠さない。事件後に小学校で行われた保護者向けの説明会でも「通学路付近に防犯カメラを設置してほしい」という要望が数多くあった。

 地域に広がった不安が払拭されない中、市教委は子供たちの安全を確保するため、3学期がスタートした1月9日から地域ボランティアらと協力して登下校の見守り活動を始めた。市教委の担当者は「学校と行政、地域が一丸となって子供の安全を守らなければならない」と気を引き締める。

 県内では他にも地域住民が協力して子供たちの安全に取り組むケースがある。和歌山市では27年、隣接する紀の川市で小学5年の男児=当時(11)=が自宅近くの空き地で刺殺された事件を受け、愛犬家らが散歩の時間を利用して登下校中の子供たちを見守る活動を開始。現在では250頭の飼い犬が「防犯パトロール犬」と記された黄色のバンダナをつけ、飼い主とともに見回りを行っている。

 こうした地域の見守り活動について、関西国際大学の西岡敏成教授(犯罪心理学)は「監視の目となり、地域で犯行が起きにくい環境をつくることができる」と評価する。

 今回の事件で、女児は心にも深い傷を負わされたに違いない。ただ関係者によると、幸いなことに現在は日常を取り戻し、学校に通っているという。

以上です

http://www.sankei.com/smp/west/news/180131/wst1801310001-s1.html

 ランドセルを背負った下校途中の女児が、わいせつ目的で近づいてきた男にスプレー缶で液体を吹き付けられる事件が昨年12月、和歌山県田辺市で起きた。逮捕されたのは同市の臨時職員の男(20)=今年1月に懲戒免職=で、市立小学校に通う女児(8)は顔の皮膚がただれる全治3カ月の重傷。本来は市民や子供たちを守る立場にある「公僕」による卑劣な犯行は地域社会に衝撃を与えた。男が犯行に使った乗用車からはアニメの美少女キャラクターのぬいぐるみも見つかった。無抵抗の女児の顔にスプレー缶を向けた男の“素顔”とは−。

 「ねえ、ちょっと」。同市内に住む被害者の女児がそんな言葉で呼び止められたのは昨年12月19日の昼下がりだった。場所はうっそうとした山林に囲まれた県道。男は乗っていた車から降りて女児に近づき、突然、持っていたスプレー缶で液体を吹き付け、車で逃げ去ったという。

 女児は近くの梅農家に逃げ込み助けを求めた。「女の子は『痛い、痛い』とずっと泣いていた」。家にいた80代の女性はこう振り返った。

 女児の証言などから間もなく逃げた車が特定され、容疑者が浮上。男は田辺市の臨時職員(20)だった。

 県警は翌20日、傷害容疑で男を逮捕。男は当初、動機について「女児が車の前に飛び出してきたので腹が立った」などと供述していたが、その後の取り調べに「体を触ろうと思った」とわいせつ目的だったことを認めた。「催涙スプレーを使った」と話しているという。県警は容疑を強制わいせつ致傷に切り替え送検した。

 さらに捜査の過程で男が前年の平成28年6月、市内の公園で遊んでいた別の小学生の女児を一時的に公衆トイレに監禁していた疑いも浮上。男は「トイレがどこにあるのかを教えて」などと女児に声をかけ、トイレに案内させていた。

 男は「誘拐するつもりはなく、監禁もしていない」と一部を否認したが、押収した男のパソコンに一部始終を写した動画が残っていたことから、県警は今年に入って男を未成年者誘拐と監禁容疑で再逮捕した。男はこの犯行時、未成年だった。

 ある捜査関係者は「いずれも抵抗できない女児を狙った卑劣な犯行だ」と憤りをあらわにする。

「おとなしい人だと思っていたのに、こんなことをするなんて…」。男の自宅近くに住むパート従業員の女性は驚きを隠さない。男が勤務していた田辺市役所でも勤勉な職員として通っていたようだ。

 男は昨年4月に臨時職員として採用され、水産課に配属。8月から管理課に移り、道路の占有許可や測量の補助業務などに携わっていた。同僚たちからは「口数が少なく、仕事はきちんとこなす」と評価されていたという。

 一方、アニメ好きの一面もあったのか。犯行で使われた車には人気アニメの美少女キャラクターのぬいぐるみが置かれていた。

 12月の犯行の前日には、「急用があるので休ませてほしい」と無料通話アプリ「LINE(ライン)」で上司に伝え、翌朝にも改めて電話で欠勤を報告。その上で犯行に及んでいた。さらに、事件後も変わった素振りはなく、県警に逮捕されるまで何食わぬ顔で出勤を続けていた。

>>2以降に続きます

続きを読む

このページのトップヘ